【ジャパンカップ 2023】最終予想

公開日: 

どうも、工藤新一です

今回は日曜日の東京競馬場で開催されるG1「ジャパンカップ(G1)」の最終予想記事になります

去年と比較しても非常に豪華なメンバーが揃った印象の今年のジャパンカップ(G1)。東京芝2400mは長い距離を耐えれるタフさに加えて最後はグッと伸びて来れる瞬発力も問われる総合力の高さが必要になってくる舞台

過去の勝ち馬を見てもかなりの名馬揃いで国内G1の中でも最高レベルの位置付けで良いはずでしょう。ここは素直に能力上位を評価しつつ買い方で工夫したい一戦

という訳で、予想です!

ジャパンカップ 2023 予想

◎スターズオンアース
○イクイノックス
▲ダノンベルーガ
☆インプレス
△リバティアイランド
△ドウデュース

◎スターズオンアース

次世代血統のドゥラメンテ産駒で通算成績は(3.4.3.0)とオール馬券内の堅実派。最後は確実に追ってこれる末脚があり、距離も前走の1600mから延長で挑めるのはプラスで世界の名手である鞍上・ビュイック挑める点も良さげ

前走のヴィクトリアマイル(G1)にしても1番人気を背負う立場でしたが、5番手追走から最後はやや距離も足りなかったような伸び脚で3着。上位はソダシ、ソングラインといったハイレベルなマイラーだった事もありましたし、当時の鞍上・ルメールは「直線でも良い反応でしたが、ジリジリとした伸び脚で、マイラーの瞬発力がありませんでした。マイルのスペシャリストが相手では分が悪いです。この馬は2000m以上が合っています」とコメント。ルメールも素直に思った事を言うタイプなので実際に距離が短かったのは確かという一戦でした

2走前の大阪杯(G1)は逃げたジャックドールが勝利するような流れになり、比較的に前が優勢の展開でしたが同馬は後方待機の競馬から一頭だけ上がり最速となる抜けた末脚を使って2着まで追い込んで来れたのは負けて強しというレース内容。この時も当時の鞍上・ルメールは「いいスタートを切れたが後ろからになった。ラストは差を詰めてきたけど…。2400mの馬。跳びが大きくて直線の長いコースのほうがいい。秋華賞と同じ競馬になった」とコメントしているように、実際に一番のベストはオークス(G1)を勝った東京芝2400mという感じ

今回は一頭強い馬がいますが、やや前が流れてくれそうな展開も向いてきそうですし、鞍上・ビュイックが追うのであれば馬郡も捌いでくれそうなのは良さげ。差してくるタイプの馬なので枠もここは特に悲観するような枠ではないですし、ここは人馬共に期待したいところです

○イクイノックス

この馬に関しては特筆して書くことはないと思いますが、現在はG1を5連勝中。前走の天皇賞・秋(G1)では対抗までにとどめていましたが…やはりその理由にココを最大目標にしていたというだった事を踏まえても、普通に考えればこの馬が一番勝ちに近い存在。キタサンブラック産駒と次世代血統に加えて覇王色持ちでストライドの大きさから一番合うのは東京芝コースで距離もこのぐらいがベスト
前走の天皇賞・秋(G1)に関しては圧巻の走りで、逃げたジャックドールがハイペースで飛ばす事によって、明らかに前が厳しくなった展開の中で3番手に付けながらも2枚腰の脚を使って上がり34.2秒の末脚で勝利。勝ちタイム1分55.2秒は日本レコードを更新しており、誰がどう見ても強い内容という結果でした

2走前の宝塚記念(G1)はトリッキーな阪神芝2200mの舞台を外からまとめて差し切っての勝利と好内容の競馬が出来ていましたし、現役トップの能力を示せたという一戦

更に圧巻だったのは3走前のドバイシーマクラシック(G1)でスタートを決めてからは外からスッとハナを取り切っての競馬。そのままスローに落とし込みつつ後続を引き連れて4コーナーを回り、最後の直線に向かってからは持ったまま一気に加速して2着には3馬身差を付けての完勝。ゴール手前では鞍上・ルメールも後ろを振り返って手を止めるほどの余裕があり、ゴール板過ぎる前から勝利を確信してのガッツポーズとまさに圧勝。2着ウエストオーバー、3着ザグレイ、4着モスターダフはいずれも後にG1勝利と相手レベルを考えてもハイレベルで決定的な能力値の高さを見せたレースでした

とにかくまだ底を見せてない強さがあり、ミスなく乗ってくれる鞍上・ルメールであれば鬼に金棒。更に枠も1枠2番と有利とされている内枠を引いた事によって好位のポジションもスッと取れそうなのは良さげ。馬主・シルクレーシング×鞍上・ルメール×木村哲也厩舎とブランド力までトップクラスですし、素直に自力が問われる東京芝2400mなら普通に回ってくれば大崩れはないとみていいでしょう

▲ダノンベルーガ

ハーツクライ産駒×外人ジョッキーの組み合わせは好相性で、モレイラもこの馬にはこれで4戦連続での騎乗。陣営もモレイラの続投に関しては何としても勝利を勝ちたいと思っての事だと思いますし、東京芝コースで能力全開というタイプなので、ここはチャンスの一戦

前走の天皇賞・秋(G1)は勝ち馬が強かったという点もありましたが、好位で競馬を進めつつも最後の直線ではジリジリと脚を伸ばしての4着。外から差し込んできたジャスティンパレス、プログノーシスが33秒台の脚を使ったのに対して同馬は上がり34.3秒でしたが、ポジションを考えればワンテンポ前にいた事でやや展開も苦しくなったという差だけというレース内容。決して悲観するような負けではないですし、陣営も距離は2400mにシフトしてきたと語っているようにここからの距離延長がプラスにもなる可能性は十分にあるはず

2走前の札幌記念(G2)はやや特殊な稍重の札幌芝コースという舞台でしたが、後方からの競馬で最後はジワジワ伸びていましたが…4着まで。とは言っても不得意な条件にしてはやれていましたし、鞍上・モレイラも「スタートして進路が狭くなった影響で、馬場が悪い内を通らざるを得なくなりました。一生懸命走ってくれましたけど、もっといい馬場の方が力を出せると思います」とコメント

3走前のドバイターフ(G1)は勝ち馬ロードノースは同レースを3連覇するほどの実力馬ですし、後方待機策から馬郡の中を割って伸びており、ゴール板の手応えでは勝ち馬に匹敵するほどの末脚を見せての2着なら上出来。5着のセリフォスも相当な実力馬ですが、その馬をアッサリ交わしているほど追えば伸びる脚を見せていましたし、ベストは1800mぐらいと言われていますが…距離はまだ伸びても良さそうという印象を受けました。鞍上・モレイラも「思ったような位置が取れなかった。まだまだ上昇の余地を残している馬。3、4コーナーでスムーズさを欠くところがあった。もう少し前と差を詰めたところでレースをしたかった」とコメントしており、もう少し前で競馬が出来ていれば頭まであっても良かった一戦

去年の同レースに関してもレベルこそそこまでというメンバーだったのですが…スッと先行集団を見つつの良いポジションを取り好位をキープして最後の直線に向かいましたが、ゴール手前でシャフリヤールに馬体を寄せられたことで当時の鞍上・川田が立ち上がるほどの不利を受けており、それでも3歳時に国内屈指の古馬G1で5着なら評価できる内容でした

鞍上・モレイラもこのぐらいの人気の方が不気味さがありますし、一気に人気を落とす形になるのであれば妙味増しな一頭になってきそうですし、成長力のあるハーツクライ産駒がここで覚醒という事も考えられそうなので、ここは上位の印でいこうかなと思います

☆インプレス

無欲の差し馬という立場で挑めば馬券内ぐらいはあっても良さそうなのがこの馬。4勝中3勝をあげている距離2400mは条件的にも良く、東京芝コースでこその鞍上・三浦という点も良さげ

前走の京都大賞典(G2)はそれなりに骨っぽおいメンバーがそろったG2になりましたが…重馬場での京都芝コースが全く合わずと考えればノーカウントで、当時の鞍上・藤岡も「重馬場が苦手なようで、坂の下りでバランスを崩していました。乾いた馬場の方が良さそうです」とコメント

2走前の新潟記念(G3)では後方待機の競馬から最後の直線だけで一気に追い上げており、上がり33.4秒の末脚を使っての3着と重賞でもやれる能力は見せれたという内容

さすがに一気に相手レベルが上がる一戦ではありますが…人馬共に得意舞台での一撃という可能性は秘めていそうですし、前の馬が全て掃除されてしまった後に差し込んで来れるのであればこうゆうタイプなので押さえておきたいところです

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • 工藤新一(管理人)

  • プロフィール

    競馬歴:10年

    職業:予想家

    趣味:お酒、ドライブ、旅行、映画、読書、楽しむこと

    座右の銘:一期一会

    予想スタイル:オッズの盲点をつき、いかに回収率を上げれるか。ファクターはデータ、馬・騎手能力、調教、血統、メイチ度など全てを重視します

    詳しいプロフィールは→こちら

  • サイト内検索

  • カテゴリー

  • Twitter もやってます!

  • アーカイブ

  • 相互リンク【募集中】

PAGE TOP ↑