【フェブラリーステークス 2019】予想オッズとレース展望 先週の重賞結果・レース回顧は後日書きます!

公開日: 

どうも、工藤新一です

先週は雪の影響で東京開催も日程がズレこみましたが、外は寒かったですね…

雪の降った週末は家の中でのんびり競馬三昧という人も多いのかなと思いますが、自分もその中の1人です

結果としては何とかプラスで終われましたが、死闘を繰り広げた結果でした。重賞3つの結果とレース回顧などは後日書く予定

という訳で、今週もやったしましょう。いよいよ今年初のG1「フェブラリーステークス」!

まずはnetkeibaによる予想オッズと人気上位馬についての見解です

フェブラリーステークス 2019 予想オッズ

インティ     2.5
ゴールドドリーム 3.0
オメガパフューム 4.0
コパノキッキング 8.9
サンライズノヴァ 13.8
サンライズソア  18.0
ノンコノユメ   23.6
ユラノト     36.9
クインズサターン 46.5
モーニン     58.9
アンジュデジール 130.6
レッツゴードンキ 159.5
サクセスエナジー 293.9

インティ

前走の東海ステークス(G2)を含む6連勝中

前走も仕方なく本命にした一戦でしたが、堂々の逃げ切り勝ちでダート界のキタサンブラックの様な存在になる可能性は高く、ここでもスムーズに逃げる事が出来れば当然軽視は出来ない一頭でしょう

ただ…前走はルメール・デムーロが居なかった一戦だという事を考えれば相手レベルも上がる今回は付け入る隙もあるはず

とにかくこの手の馬を差し切りそうなのがルメールやデムーロですし…グリグリに支持されるなら2、3着付けという馬券の方が妙味はありそうな気はします

ゴールドドリーム

ルヴァンスレーヴを除けば現役のダート界で一番安定して強いのはコレでしょうね

個人的には普通に考えてもインティより上の立場

去年は交流G1を含めたG1は出走した5レース全てで連対とパーフェクトな成績。鞍上にはルメールですし、適正に関してもも2年前の同レースを制していますし去年も2着とここはベストな舞台

現時点では普通に逆らうだけ無駄な気がする一頭

オメガパフューム

ダートでもハイレベルとされる現4歳世代の中でも屈指の実力馬

距離的にもうちょい長い方がいいのかなと思いますが、確実に脚を繰り出せる馬なので馬券内には普通に来れても何ら不思議ではない感じはします

ただやはり適正距離の問題と左回りではやや劣る面もあるので人気で嫌うならこれかなと現時点では思っています

コパノキッキング

前走の根岸ステークスでは古馬を撃破しましたが、鞍上・マーフィーというのが大きかった一戦

距離延長(マイル)は行けるか?という問いにハッキリとNOと答えた世界の名手マーフィーの言葉通り…この距離延長は厳しいと思います

そもそも今回はG1に初騎乗となる鞍上・藤田菜七子だという事を考えても過剰に人気してしまいますし…応援馬券を買うファンは多いはず

去年の有馬記念のオジュウチョウサンにも同じことを言いましたが、人気を吸ってくれてありがたい一頭で…この馬に関しては『妙味は一切ない』と断言したいところ

鞍上超弱化に加えて…どう見ても話題先行、人気先行タイプでしょう

サンライズノヴァ

前走の根岸ステークスは1番人気に支持されながらも出遅れが響いたのか脚の使いどころの差で8着と惨敗。持ち味の末脚を繰り出せなかった一戦だと思えば見直してもいいはず

実際にこの馬は上り最速を使った時の成績は(6.2.0.0)とパーフェクトでとにかく溜める事が出来るのかがカギになりそう…

まぁ鞍上・戸崎が大舞台でそれをやってのけるかは疑問ですが…同コースの武蔵野ステークスを勝ったり去年は同レースでも4着に来ており東京コースは得意な同馬なので、人気を一気に落とすなら抑えておいて損はなさそうな気はします

と、上位5頭について書きましたが・・・

現時点では普通にゴールドドリーム軸で良さそうな一戦ですが、買い方で悩まされそうな一戦。荒れるなら3列目になりそうですが…若干可能性がありそうな穴馬はコチラ↓

人気ブログランキングへ

馬券に絡むときは人気よりも着順が上に来るタイプで、この手の馬はG1でもしれっと3着に来てもいいはず。東京ダートでは安定した成績を残していますし、この人気なら普通に抑えておきたい一頭です

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PAGE TOP ↑