【マイルチャンピオンシップ 2018】最終予想 荒れる目もある!名手を乗せたアノ馬が本命!

公開日: 

どうも、工藤新一です

さぁ今週はこの秋で最も面白そうなG1の「マイルチャンピオンシップ」!

外人J祭りになる可能性もありますが…この混戦は荒れる目もあるのかなと思っています

実際に、本日行われた「東京スポーツ杯2歳ステークス(G3)」は

1番人気 ライアン・ムーア

2番人気 クリストフ・ルメール

4番人気 クリスチャン・デムーロ

5番人気 ミルコ・デムーロ

6番人気 ジョアン・モレイラ

と人気上位を独占していましたが結果は

日本人の勝浦ジョッキー鞍上のニシノデイジー(8番人気)が勝利。2、3着は外人でしたがビュイック、クリスチャンと人気のないほうの外人での決着で3連単は593,030円と大波乱!

連勝で重賞の札幌2歳ステークスを制したニシノデイジーにモレイラやムーアが乗っていたら?と考えればオッズはもっと下がっていたと思います

まぁ騎手の力で順位が変わることは百も承知ですが、オッズにも揺らぎが生じているのは事実。そんな今だからこそビシッと決めれればと思っています!

という訳で、予想です!

マイルチャンピオンシップ 2018 予想

◎ステルヴィオ
○ペルシアンナイト
▲レーヌミノル
☆ロジクライ
△アルアイン
△アエロリット
△ジュールポレール
△エアスピネル
△ジャンダルム
△モズアスコット
△ケイアイノーテック
△ロードクエスト

◎ステルヴィオ

前走の毎日王冠は上り最速での2着はどう見ても次の好走を予感させる内容。爆発的な末脚は世代の中でもトップで、今回は古馬相手になりますが、前走下したのは後の天皇賞3着馬キセキ

相手関係もここでは問題ないとみています。唯一の凡走だった去年のダービーは距離が合わなかっただけですし、ロードカナロア産駒の距離短縮は普通に買いでOK

鞍上・ビュイックは久しぶりの日本になりますが、ゴドルフィンの主戦騎手という世界を股にかける名手。最内枠のマイナスをカバーして馬群を捌く技術は間違いなくあるはず。まだ実力をそこまで気付かれていない今が買いごろでしょう

○ペルシアンナイト

前走の富士ステークスは明らかに叩き台な上に59キロという最大のハンデを背負っての5着

レース的にもロスがあって不利の中で伸びてきていましたし、叩かれてよくなるタイプなので普通に目標にしていたここがメイチでしょう

まぁ言うても去年の勝ち馬。3歳ながらにマイルチャンピオンシップを制した馬が弱い訳がない

今回は枠も希望の絶好枠。妙味的に美味しいとも言えるオッズで鞍上のミルコに関してもそろそろG1を勝っておきたいところ。更には大舞台での池江厩舎×ミルコは安定ライン。分散された時こその勝負強さを持つ男なら本番の今回で突き抜けてもいいはず

▲レーヌミノル

今の京都の馬場なら合ってもいいはず。言うても去年の4着馬ですしG1馬。前走のスワンステークスではモズアスコット、ロードクエストに次ぐ3番人気だった馬が今回いきなり最下位人気というのはどうなのかな…という印象

叩かれつつ良くなるタイプですし、惨敗しているのは東京コースのみで他はそれなりに走っていることを考えても超人気薄の残り目があるならこうゆう馬なのかもしれません

☆ロジクライ

ハーツクライ産駒で覚醒してまった印象の前走を見る限りは評価は落とせないでしょう

人気的にも手頃で京都で乗れる鞍上・クリスチャンへの乗り変わりは問題なし。先行する為には絶好の枠を引きましたし、本格化した今ならアッサリ通用の可能性もある

以下の印ですがアエロリットは能力的には最上位で、普通に考えればコレなのですが…今回のムーア人気に加えて外目の枠と輸送の不安も否めなので抑え程度に留めます

他はヒモ荒れの可能性も考えて手広く抑えての勝負です

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PAGE TOP ↑