【菊花賞 2017】アルアインの妙味について 8枠16番をどう捉えるか?

公開日: 

どうも、工藤新一です

今回は、レコードで皐月賞を制し、今回は二冠に挑むアルアインについての記事です

アルアイン

毎日杯を好タイムで制覇して、そのまま皐月賞も勝利、その後のダービーも5着と成績的には超一流

世代の中では間違いなく上位でしょう

ですが、この馬の妙味のピークは明らかに皐月賞

この時の中山競馬場の芝の馬場状態はとにかく超高速馬場だったんですけど…タイムをしっかり見ていて、毎日杯が一番好タイムだった事を考えれば、答えはアルアインしかなかったんですよね

まぁ新聞の印でもアルアインを本命にする人はちらほら居ましたし、それにも関わらず9番人気の単勝22.4倍は舐められ過ぎかなと思いました

今回は人気を背負う立場

前走は勝ったミッキースワローも強かったですが、単勝1.7倍はちょっと人気になりすぎていた印象でしたし、鞍上ルメールというのも人気を加速させる要因になったのかなと

しかしながら今回は内枠有利と言われる菊花賞で

8枠16番

この枠順からも嫌う人は多くなりそうですけど、大衆心理がそっちに大きく傾くなら妙味は出ると思っています

単勝オッズで7~8倍以上付くようなら本命にしたいが、今回は厳しいかな・・・

とにかく、この馬に関しては能力は世代上位だと思っていますので、消すこともなく間違いなく印を回すというのが現時点での結論ですね

人気馬のキセキ、ミッキースワローも比較的外目の枠に入ったり

天候的には台風も近づき、「波乱!」「荒れる!」と騒がれそうな菊花賞で、俺自身も今回は荒れるとは思っているんですけど、こうゆう時に限って案外人気決着で決まったりするのが競馬の難しいところ・・・

とにかく日曜までにじっくり考えて答えをだそうかなと思っています!

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑