【有馬記念 2023】最終予想

公開日: 

どうも、工藤新一です

今週の日曜の中山メインレース・グランプリ「有馬記念(G1)」の最終予想記事になります

今年の競馬もいよいよクライマックス。今年もそれなりに豪華メンバーとなった同レースですが、最後は悔いのないような馬券を買いたいところ。展開的にはアイアンバローズ×鞍上・石橋or行ってこそのタイトルホルダー×鞍上・横山和生がハナ主張が濃厚になってきそう。アイアンバローズが逃げたとしてもスタミナ勝負に持ち込んで来そうですし、タイトルホルダーが逃げたとしてもスローに落とし込みというよりはそれなりに流れる展開。タフな舞台なのでスタミナも大事になってきますし、ここは先行出来て持続性の高い馬みたいなタイプを狙いたいところ

有馬記念 2023 予想

◎ジャスティンパレス
○プラダリア
▲スターズオンアース
☆ソールオリエンス
△タスティエーラ
△ディープボンド
△シャフリヤール
△スルーセブンシーズ
△ドウデュース
△ハーパー
△タイトルホルダー

◎ジャスティンパレス

個人的には出るレースは基本的に本命にしているほど好きな馬なので、迷わずにこの馬から。鮮度の削がれてないディープインパクト産駒でスタミナが必須の天皇賞・春(G1)を制しているタフさと能力の高さはこのメンバーでも上位。前走こそ差しての競馬でしたが…本質的には先行して長く良い脚を使えるタイプでこの舞台も合うとみていいはず

前走の天皇賞・秋(G1)は逃げたジャックドールが1000m通過を57.7秒のハイペースとなった中で同馬は後方に構える競馬を選択。終わってみれば勝ったイクイノックスが強かったレースでしたが、最後はこの馬もスタミナを存分に発揮して更にはこの馬自身の最速上がりとなる33.7秒の末脚を使っての2着。展開は向いた感じもありましたが、ゴール板を過ぎてもまだ伸びていた脚を見た感じではやはり強いなという印象でしたし、やはりこの馬にとっては2000mよりはそれ以上の距離の方が向いてきそうな印象でした

2走前の宝塚記念(G1)ではこちらもやや後ろ寄りのポジションになりましたが…中団の好位で脚を溜めて最後の直線ではイクイノックスと同じようなポジションから伸びてきての3着。1000m通過は58.9秒なので、やや流れての差し決着。インが荒れていたことを踏まえてもそれなりに展開が向いた感じでしたが、言うても勝ち馬はイクイノックスで似たような競馬をした同馬とのタイム差は僅かに0.2秒だった事を考えても大きな差を付けられたわけではないですし、下に居たのはジェラルディーナ、ディープボンド、プラダリア、ボッケリーニ、ヴェラアズールといったハイレベルな相手関係

3走前の天皇賞・春(G1)は新設された京都競馬場でのレースでしたが、前日に降った雨の影響もあり稍重となった芝コース。1枠1番からのスタートとなりましたが、そのまま好位のインをキープして最後のコーナーを回ってくるまではディープボンドをマークしての競馬。直線に向かってからは持ち前のスタミナを活かす形でそのままジリジリと伸びて最終的には2着のディープボンドを突き放しての完勝。このレースだけ見ても明らかに3歳時よりは成長をしていますし、今が充実期というレース内容

鞍上・横山武史も中山コースは得意としていますし、前走からの継続騎乗で乗れる点はプラス材料。枠も5枠10番なら有力馬の中ではいいところを引いた印象。ファンの多い馬なので人気にはなってしまいそうですが、今回は人気の分散を考えればまぁ良しと考えたいところ

○プラダリア

前走を勝って勢いを所持した状態で挑めるディープインパクト産駒という点では良さげで、こちらもキレ味で勝負するタイプではなく先行して持続力の高い末脚を使えるので、この舞台はいかにも向いてきそう

前走の京都大賞典(G2)にしても重馬場での京都芝2400m戦でしたが、スタート後にスッとインの3番手に付けてそのままロスのないレース運びをしつつ最後の直線に向かうと後続を突き放すような脚を見せての勝利。タフな舞台で見せる事の出来た持続力はやはり健在ですし、2.3着に負かした相手もボッケリーニ、ディープボンドといったハイレベルな馬だった事を考えても価値のあった一戦でした

2走前の新潟記念(G3)ではどちらかというと状態面の方での負けという感じで、鞍上の池添もレース後は「夏バテで厩舎に戻ってきましたが、クーラーがあるので、徐々に回復していきました。ただ、まだ緩さが残り本調子ではありませんでした。それでもしっかりとしたレースができました。次に期待です」とコメント

そして特筆すべきは前受けで立ち回った時はとにかく強い『鞍上・ムルザバエフ』で挑めるという点。先行力のあるタイプの馬を残す事には長けていますし、同馬にもマッチしそうなこの乗り変わりは良さげ。やや外目の枠を引きましたが、他の先行勢がインに入った事で外からスッと前目に付ける事も可能になってきそう。人気もそこまで被らなそうですし、ここは残り目に期待です

▲スターズオンアース

次世代血統のドゥラメンテ産駒で通算成績は(3.4.4.0)とオール馬券内の堅実派。最後は確実に追ってこれる末脚があり、スタミナ寄りなイメージなので距離はこなしてくれそう。能力の高さは現役トップクラスでここでも当然上位の一頭

前走のジャパンカップ(G1)はハイレベルな相手関係が揃った中でやや不利な外目の8枠17番を引きましたが、スタートからスッと前目のポジションをキープして最後の直線ではしっかり伸びきっての3着。前に居た2頭はイクイノックス、リバティアイランドといったスターホースでしたし、臨戦過程を考えても十分にやれていたというレース内容

2走前のヴィクトリアマイル(G1)にしても1番人気を背負う立場でしたが、5番手追走から最後はやや距離も足りなかったような伸び脚で3着。上位はソダシ、ソングラインといったハイレベルなマイラーだった事もありましたし、当時の鞍上・ルメールは「直線でも良い反応でしたが、ジリジリとした伸び脚で、マイラーの瞬発力がありませんでした。マイルのスペシャリストが相手では分が悪いです。この馬は2000m以上が合っています」とコメント。ルメールも素直に思った事を言うタイプなので実際に距離が短かったのは確かという一戦

3走前の大阪杯(G1)は逃げたジャックドールが勝利するような流れになり、比較的に前が優勢の展開でしたが同馬は後方待機の競馬から一頭だけ上がり最速となる抜けた末脚を使って2着まで追い込んで来れたのは負けて強しというレース内容。この時も当時の鞍上・ルメールは「いいスタートを切れたが後ろからになった。ラストは差を詰めてきたけど…。2400mの馬。跳びが大きくて直線の長いコースのほうがいい。秋華賞と同じ競馬になった」とコメント

トリッキーな小回りの中山コースがどう出るかという点は気になりますが、そこは鞍上・ルメールならまずミスのない騎乗はしてくれそうですし、最後はしっかり脚を使ってこれるという点では大きく崩れる事はなさそうなイメージ。8枠16番は決していい枠ではないのですが、ルメール×外枠はマイナスを打ち消すほどの好相性で、序盤にポジションが取れれば問題はないはず。ここは人馬共に期待が持てる一戦なのかなと思います

☆ソールオリエンス

次世代血統のキタサンブラック産駒で血統面からもここは合いそうな舞台。この馬自身も中山芝コースは(2.1.0.0)と底を見せてない点は良さげで、タフな舞台でも繰り出せる爆発的な末脚はここでも脅威になってきそう

前走の菊花賞(G1)ではいつものように後方寄りで脚を溜める競馬になりましたが、勝ち馬ドゥレッツァがインで立ち回っていたのに対して同馬は終始外を回っていたのが苦しくなったという内容。それでも最後の直線ではしっかり追い込んでの3着と格好は付ける形にはなりましたし、世代の中ではトップクラスの実力を持っている事は明らか

2走前のセントライト記念(G2)は次走に向けた叩きのレースに使ったような一戦でしたが、外目の8枠14番と厳しい枠を引きながらも掛かり気味になりながらもしっかりなだめて、中段の後方寄りで脚を溜めてからは最後大きく外に持ち出してそのまましっかり伸びての2着。勝ち馬レーベンスティールはモレイラが完璧に立ち回っての勝利でしたが、走った進路を考えれば明らかに負けて強しの内容

3走前のダービー(G1)では前受けで完璧に立ち回った勝ち馬タスティエーラには一歩及ばずも、最後の直線では馬郡に切り込んで2着を確保。ややスローの流れとなった中で先に抜け出していたタスティエーラを捉えきれなかったのは痛恨の一戦でしたが、当然タスティエーラも弱い馬ではないと思いますし、鞍上・横山武史もレース後は「左回りがどうかと思っていたが、バランス的に内に倒れるような面があった。思った以上にスローだったし、手綱を引っ張った分伸び切れなかった。勝ち馬に有利になり、運がなかった」とコメントしているようにほんのわずかの運が味方していれば勝っていたかもしれなかったレース

やはり強烈な印象を与えたのが3走前の皐月賞(G1)で最内枠を引きながらも最後の直線では一番大外を回ってまとめて差し切る好内容。ハイペースの流れも向いた感じもありましたが、上がり3Fは1位となる35.5秒を繰り出しており、こちらは上がり3Fの2位36.4秒となったファントムシーフ、シャザーン、トップナイフに0.9秒差があった事を考えればやはりここでは抜けていたというレース内容。序盤が流れたことでややタフなレース展開になったとは思いますし、ここでトップスピードの能力だけではなくてスタミナを見せれたのも良かったという結果でした

鞍上・川田への乗り変わりは馬主・社台レースホース×生産社台ファームの陣営サイドからすれば意欲の現れでしょうし、日本人ジョッキーの中であれば大舞台でも信頼して買えるのは明らか。最内枠は特に問題はなさそうですし、皐月賞(G1)のようにインを引きながらも外を回しすぎてしまえば厳しくなるかもしれないですが、そこは鞍上の手腕にも期待の一戦です

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • 工藤新一(管理人)

  • プロフィール

    競馬歴:10年

    職業:予想家

    趣味:お酒、ドライブ、旅行、映画、読書、楽しむこと

    座右の銘:一期一会

    予想スタイル:オッズの盲点をつき、いかに回収率を上げれるか。ファクターはデータ、馬・騎手能力、調教、血統、メイチ度など全てを重視します

    詳しいプロフィールは→こちら

  • サイト内検索

  • カテゴリー

  • Twitter もやってます!

  • アーカイブ

  • 相互リンク【募集中】

PAGE TOP ↑