【チャンピオンズカップ 2023】最終予想

公開日: 

どうも、工藤新一です

今回はダートの最強決定戦・中京芝1800mで開催される「チャンピオンズカップ(G1)」の最終予想記事になります

今年は同年フェブラリーステークス(G1)勝ち馬レモンポップ、デビューから5戦5勝で無敗中のセラフィックコールといった注目馬がこぞって参戦で面白くなりそうな感じ。展開的にはどうしてもハナという馬は不在ながらも有力馬はそれなりに好位のポジションを取りたい馬が多く、序盤のポジション争いにも注目。舞台的には差しも決まりますが、後ろから一辺倒では厳しく、前で立ち回れるようなタイプを狙っていきたいところ

という訳で、予想です!

チャンピオンズカップ 2023 予想

◎クラウンプライド
○メイクアリープ
▲アーテルアストレア
☆ドゥラエレーデ
△テーオーケインズ
△メイショウハリオ
△ハギノアレグリアス
△グロリアムンディ
△アイコンテーラー
△レモンポップ
△セラフィックコール
△ジオグリフ

◎クラウンプライド

リーチザクラウン産駒と地味ながらも去年の同レースでは2着のリピーターでまだまだ成長も見込める4歳馬という魅力に加えて、鞍上・川田が継続騎乗で乗れるのも良さげ。先行力が高く、レース巧者な印象があり、世界のダートで戦ってきた経験値もここでは生きてきそう

前走のコリアカップ(G3)は韓国での国際戦でしたが、外枠からそのままスムーズに前目のポジションを取ってからは楽な手応えで最後の直線に向かうと、そのまま後続を突き放しての圧勝。2着グロリアムンディも日本馬でしたが、持ち前の先行力に加えて更に成長を感じさせる一戦で、3着以下の相手レベルはともかくしっかり自分の競馬に徹して勝ち切れたのは素直に評価

2走前の帝王賞(G1)は内枠の2枠2番から好スタートを決めると、そのままプロミストウォリア、ライトウォーリアを前に置いて3番手をキープ。4コーナーではインのスポットをスルスルと抜けて最後の直線に向かうとそのまま勝ったと思わせる手応えで伸びきっての2着。ゴール板手前で外から差し込んできたメイショウハリオにハナ差で敗れていますが、立ち回り力の高さとどんな舞台でも戦える安定感を見せれてこの差なら評価できる内容でした。4着に引き離したハギノアレグリアスも次走のシリウスS(G3)では勝利していますし、ハイレベルな相手関係だったという面からも収穫の方が大きい一戦

実力上位馬の中ではこの中京ダート1800mを経験しているというアドバンテージも魅力ですし、何よりも鞍上・川田はこの秋のG1でも高いレベルで安定しており、前目のポジションを取って立ち回る同馬とも手が合っている印象。枠は5枠9番であれば外過ぎず良さそうなところを引いた印象。中京ダートコースも得意としていますし、ここは持ち前の先行力を活かせれば去年の再現があってもいいはずでしょう

○メイクアリープ

シニスターミニスター産駒×母父スペシャルウィークと兄弟にはヴェンジェンス(みやこS勝利)が居るダート色の強い血統で立ち回り力に優れており、通算成績は(4.5.1.1)と掲示板を外した事のない安定型。先行力があり、速い展開でも最後までしぶとく脚を使える点は長い直線でも向いてきそう。当ブログでは何度も書いてきていますが、1着馬が派手に強い勝ち方をした時の2着馬は妙味増し傾向にあり、今回はこの馬がそれに該当

前走のみやこステークス(G3)ではスタートをスッと決めて好位をキープ。逃げたペプチドナイルはテンの速さを活かしたものの序盤は抑えてそこまで飛ばしすぎずという展開の中でしたが、同馬はしっかりと先団を見る形で4コーナーを回ってからは普通であれば勝ちだろうという手応えでしたが、外からセラフィックコールの強襲を食らっての2着。確かに勝ったセラフィックコールは強かったですが、こちらも持ち前のしぶとさは見せれていましたし、初重賞でこの結果なら上出来

2走前の太秦ステークス(OP)では最内枠からスタート後にダッシュが付いた事でハナを取る形になり、1000通過が1分00.5秒ですから良馬場ダートという事を考えればやや流れていた印象。差し優勢の展開を作ったというのも苦しかったと思いますし、それでも4コーナー過ぎまでは先頭キープで粘りを見せれたいたのは良さげ。鞍上・幸もレース後は「休み明けでテンションが今までで1番ヒートアップしていました。レース前にそこで体力を使ってしまったかもしれませんね。4コーナーまでの手応えは良かったので、いつもならそこから伸びるのですが、今日は伸びを欠きました」とコメントしており、休み明けに加えて展開が向かなった中で初めて着外を外す事となった5着なら仕方なし

これまでのレースを見ててもセラフィックコール、キングズソード、アーテルアストレアといった高い相手レベルに関わらず崩れない点は魅力で、好位で立ち回って最後まで粘れる立ち回り力の高さなら重賞でも通用するレベルにあるはず。全11戦中の10戦手綱を取っている鞍上・幸も手の内に入れている馬ですし、幸と言えばダート戦に強く中京も得意なイメージがあり、同レースは2014年ホッコータルマエで制しているのもアドバンテージ。やや極端な最内枠を引きましたが、この馬にとっては好枠。ここは人馬一体での好走に期待です

▲アーテルアストレア

こちらもリーチザクラウン産駒と地味ながらも本命に推しているメイクアリープを同舞台で差し切っての勝利があり、中京ダート1800mは(4.0.0.1)と全6勝中の4勝を挙げている得意舞台好位で溜めて速い上がりを繰り出せるタイプなので、外を回しすぎると厳しくなりそうですが、インへの意識も高い鞍上・横山武史への乗り変わりも劇薬

前走のJBCレディスクラシック(G1)にしてもやや前が優勢だった展開を考えれば同馬は大外枠のスタートから後方に下げる競馬となり、最後の直線に向かった時も一番外を回る結果となり、上がり2位の末脚を使って伸びていましたが、先に抜けていたアイコンテーラー、グランブリッジには届かずの3着。当時の鞍上・ミルコはレース後に「スタートもいつもより出た感じで、自分のリズムすごく良かったです。直線ではダートの砂が替わっているからなのか、ジリジリとした伸び脚で、思ったより伸びてはいなかったですね」とコメントしており、入れ替えによって重さが増した大井の舞台設定も合わなかったと考えれば言い訳の出来る内容

前哨戦としてのレースという感じで使った2走前のレディスプレリュード(G2)は砂の入れ替え前+不良馬場でのダートコンディションだった事を考えればJBCレディスクラシック(G1)とはまた違ったダート戦で、その中で中団後方よりに付けて最後の直線ではこれまた外目を回ってしっかり伸びきっての勝利。 2着グランブリッジ、3着ライオットガールも決して弱い相手ではなかったことを考えれば快勝という感じでしたし、充実期を迎えたという印象さえ感じる勝利でした

相手レベルこそ一気に上がる事になりますが、得意舞台でやれる点とインの高い鞍上・横山武史への乗り変わりも良さそうですし、タフな上がりの掛かるダート戦であれば上位に浮上してもいいはずの一頭。牝馬ながらも一撃の魅力は秘めていますし、いつものように安定感の高さを見せれれば最後突っ込んできてもいいはずでしょう

☆ドゥラエレーデ

次世代血統のドゥラメンテ産駒で母父オルフェーヴルとダートも対応可能な血筋があり、この馬自身も国内では2歳未勝利戦はダートで勝利し、UAEダービー(G2)でも2着としっかり走れている点は魅力

前走のセントライト記念(G2)では好スタートからハナを主張し、逃げる競馬を選択。平均ペースで逃げながら4コーナーまでは先頭をキープしつつも最後の直線に向かってからはレーベンスティール、ソールオリエンスといった世代屈指のトップスピードで優る馬達に交わされながらの8着。臨戦過程を考えれば馬体重プラス18キロも響いた感じがありましたし、ここはまだ言い訳は出来る結果

去年のホープフルステークス(G1)を制した時の鞍上・ムルザバエフ へ乗り変わりも合いそうですし、枠も内目の3枠5番であればこの馬にとっては絶好ともいえるところを引いた印象。ここはこの手の変わり身に期待できそうな馬がダートで激走というのは十分に考えられる一頭なのかと思います

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • 工藤新一(管理人)

  • プロフィール

    競馬歴:10年

    職業:予想家

    趣味:お酒、ドライブ、旅行、映画、読書、楽しむこと

    座右の銘:一期一会

    予想スタイル:オッズの盲点をつき、いかに回収率を上げれるか。ファクターはデータ、馬・騎手能力、調教、血統、メイチ度など全てを重視します

    詳しいプロフィールは→こちら

  • サイト内検索

  • カテゴリー

  • Twitter もやってます!

  • アーカイブ

  • 相互リンク【募集中】

PAGE TOP ↑