【大阪杯 2022】最終予想

公開日: 

今回は「大阪杯(G1)」の最終予想記事になります

今年の注目は「エフフォーリアvsジャックドール」という感じになりそうなレースですが…そこに去年の勝ち馬レイパパレなども加わりG1らしい豪華メンバーとなった一戦

個人的には覇王色の持ち主エフフォーリアが一強だと思うので…そこまで逆らう気はないのですが、馬券的に「勝つこと」を意識するなら買い方は工夫して取り組みたいところです

天候は当日の昼から雨予報になっていますが…稍重に近いぐらいの馬場で想定。展開的には前に行きたいアフリカンゴールド、ジャックドールが牽制せずに1、2番手をそのまま追走しそう。その後からウインマリリン、ヒシイグアスがしっかり中団前をキープといった感じでしょうか。断然人気のエフフォーリアは4コーナー手前から押し上げてくる流れになりそうで、ここはしっかりと引き締まったレースになり、力勝負の一戦が濃厚。ジャックドールにとっては久しぶりの右回りに加えて初G1ともなれば試金石の一戦になりそうで、崩れる可能性まで考えたいところ。そうなればエフフォーリアが穴の差し馬を引き連れてきそうな気がしますので、ここはある程度決め打って考えたいですね

という訳で、予想です!

大阪杯 2022 予想

◎スカーフェイス
○ヒシイグアス
▲ステラリア
☆ポタジェ
△エフフォーリア
△レイパパレ
△ジャックドール
△キングオブコージ
△ウインマリリン

◎スカーフェイス

ここは漁夫の利を得る形に期待できそうなのがこの馬。天候的にも雨で時計が掛かることもプラスになってきそうですし、阪神芝コースは得意舞台。一辺倒な競馬で前が崩れた時には浮上してくるはず

前走の小倉大賞典(G3)では後方待機からいつも通りの末脚に賭ける競馬をしてきましたが、勝ち馬のアリーヴォよりはワンテンポ仕掛けが遅れたことで猛追もむなしく5着という結果。それでも最後はしっかりいい脚を使えていましたし、アリーヴォとは斤量1キロ差があったことを考えれば今回はこの馬には逆転は可能。この馬よりも良い脚を使って外から伸びていた上がり最速をマークしたカデナは一線級を相手でも上位に入ってこれるぐらいの末脚の持ち主で、同馬の上がりタイムが35.5秒はそこまで悪くなかったという内容でした

2走前の中山金杯(G3)をでも1000m通過1分02.0秒とスローの流れとなった中でこちらもいつも通り後方待機から最後は外を回ってしっかり伸びての2着。勝ち馬レッドガランがロスなく立ち回ったことを考えれば捉えきれなかったのは仕方ないにしても、最後の直線ではこの馬の末脚が一番際立っていたというレースでした

3走前のチャレンジカップ(G3)にしても今回と同じ阪神芝2000mのコースでソーヴァリアントが楽なペースで逃げて勝利したレースでしたが…同馬は後方待機策から最後はやや遅めの仕掛けになり外を回っての敗戦。とは言っても上り最速タイとなる33.9秒の末脚で駆け上がって見せ場を作っていたのは印象的

明け6歳のハーツクライ産駒ですし、ここから更に成長があっても不思議ではなく、この手の馬に鞍上・岩田康誠というのは心強い存在。枠は鞍上の岩田が最も得意とするイン差しまで狙えそうな最内枠も良いところ。さすがにエフフォーリアに先着は厳しいかもしれないですが…シレっと馬券内食い込みというパターンならあるかもしれないです

○ヒシイグアス

力をつけたハーツクライ産駒という形で挑みますが、G1×テン乗り鞍上・池添となれば普通に怖い一頭

前走の香港カップ(G1)は勝ち馬ラヴズオンリーユーが強いのは承知ですが、レイパパレも参戦していた一戦で…3着のロシアンエンペラーも後に香港ゴールドカップ(G1)を勝利したりなど、ハイレベルな相手でした。その中で同馬は4コーナーではあわや勝ちまであるぐらいの勢いで先頭に立って直線を迎えるとそのままスピードを落とすことなくラヴズオンリーユーとは接戦を演じての好内容でした

2走前の天皇賞・秋(G1)は国内でも最高レベルの一戦でしたが、同馬は正攻法で立ち回って結果的には5着。とは言っても外枠の15番から終始外を回る競馬をしており、最後の直線でも大外を回して伸びきれずという結果で、相手もエフフォーリア、コントレイル、グランアレグリアなら仕方なしという感じだったでしょう

中山芝コースでの実績があるようにどちらかというと小回りのほうが向きそうですし、右回りのほうが能力全開という感じがあり、ここでのコース替わりはプラスになってきそう。それなりに強いメンバーが揃っていますが…この馬も一気に重賞を連勝した内容は良く、引けは取らないはず。遠征帰りでもしっかり状態が良いのであれば普通に上位に来れてもいいはずでしょう

▲ステラリア

末脚に賭ける競馬をするのであればこちらも怖い存在で、穴を開けた去年のエリザベス女王杯(G1)の再現がありそうなので抑えたいところ

阪神芝コースは得意としており、2走前のエリザベス女王杯(G1)2着、秋華賞(G1)は勝ち馬から0.5秒差の5着、忘れな草賞(L)1着と大舞台での実績も含めて(1.1.2.1)で崩れることなく走れている点は魅力

前走の金鯱賞(G2)は決してベスト条件とは言えない中京芝2000mでの惨敗という事を考えれば見直せる一戦ですし、やはりインパクトがあったのは今回と同コースで行われた忘れな草賞(L)での勝ち方。1000m通過が59.3秒とエイシンヒテンが引っ張りそこそこ流れる展開の中で前が止まらずにそのままエイシンヒテンが押し切ろうとするのですが、最後の直線に向くとスッと抜け出して上がり最速となる34.3秒をマークしての勝利。マイルがこの馬にとって忙しかったという事を考えても距離は2000mがおそらくベストでしょうし、右回りの阪神でこそ見たい存在

穴を開けるタイプのキズナ産駒らしくハマった時の破壊力は高く、末脚に賭ける競馬が出来るのであれば食い込みというパターンはこの馬もあるかもしれません

☆ポタジェ

大崩れがなく相手なりに走れるタイプ。まだ鮮度の削がれてないディープインパクト産駒ですし、人気落ちしている今こそ狙い目

血統的には半弟にルージュバックが居る良血で金子オーナー×友道厩舎と一流の組み合わせは厩舎力も問われるG1では脅威になってくるはず

前走の金鯱賞(G3)にしても逃げたジャックドールの強さが際立ったレースではありましたが、結果的には前が止まらなくなりそのまま中団より前で競馬をしていたレイパパレが2着、早めに仕掛けたアカイイトが3着となった一戦。その中でも同馬は後方待機から最後の直線では一番外を回っての4着。ゴール板を過ぎてからも良い脚を伸ばしていただけに仕掛けどころさえ変わっていれば上位との差はまだまだ縮められたという内容でした。決して悲観するようなレースではなかったですし、まだ鮮度が削がれてないという事がわかっただけでも収穫でした

とにかく操縦性が高く小回りにも対応は可能。右回りも問題なく、阪神芝コースも得意舞台。鞍上・吉田隼人も引き続きの騎乗ですし、ここは人気よりも上の着順は狙えても良いはずでしょう

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • 工藤新一(管理人)

  • プロフィール

    競馬歴:10年

    職業:予想家

    趣味:お酒、ドライブ、旅行、映画、読書、楽しむこと

    座右の銘:一期一会

    予想スタイル:オッズの盲点をつき、いかに回収率を上げれるか。ファクターはデータ、馬・騎手能力、調教、血統、メイチ度など全てを重視します

    詳しいプロフィールは→こちら

  • サイト内検索

  • カテゴリー

  • Twitter もやってます!

  • アーカイブ

  • 相互リンク【募集中】

PAGE TOP ↑