【ヴィクトリアマイル 2019】最終予想 

公開日: 

どうも、工藤新一です

今回は日曜の東京メインレース「ヴィクトリアマイル(G1)」の最終予想記事になります

例年に増して混戦ムードとなった今回のヴィクトリアマイルですが、今の東京芝コースの馬場は高速馬場でそれなりにタイムは出そうな一戦

展開的にはハナを切りそうなのはクロコスミア、アエロリット、ミッキーチャームのどれかでここに関しては二を空けてみなければ分からないというのが正直なところ。どの馬も前に馬を置いて番手に付けたい感じもしますので牽制しそうですが、その中でも主張しそうなのは川田が乗るミッキーチャーム辺り、そこに戸崎のクロコスミアが続いて外枠の馬がそれなりに被せてきそうな展開。圧倒的な逃げ馬も不在なので、おそらく平均ペースぐらいで回ってきそうで、それなりに瞬発力がないと厳しいのとある程度は速い上りが出せる馬に軍配があがりそうでしょう

あらゆる面から一週間じっくり考えましたが…天皇賞・春、NHKマイルに続いて得意のG1で的中といきたいところ。という訳で、予想です!

ヴィクトリアマイル 2019 予想

◎レッドオルガ
○ノームコア
▲ワントゥワン
☆サトノワルキューレ
△アエロリット
人気ブログランキングへ (穴推し!)
△ミエノサクシード
△アマルフィコースト
△デンコウアンジュ
△ミッキーチャーム
△ラッキーライラック
△カンタービレ
△プリモシーン

◎レッドオルガ

結構前から本命は決めていましたが、東京マイル特化タイプのこの馬から勝負

マイル成績は(5.1.1.3)で東京マイルに限れば(2.1.1.0)とパーフェクト。言うまでもないと思いますが母エリモピクシーの仔はクラレントやレッドアヴァンセなど大舞台での東京マイルでは好走しており、この馬も東京新聞杯(G3)ではインディチャンプの2着と健闘。その時下にいたのはサトノアレス、ロードクエスト、タワーオブロンドン等の一線級の馬たちですし…2着でのタイムは1.32.0秒と優秀。今の府中の高速馬場にも対応は可能かなと思います

枠順は1枠2番と鬼門の枠を引いた感じがしますが…鞍上・北村友一が揉まれずにしっかり捌ければ自ずと結果はついてくるでしょう

正直、頭まであるかと言われたら微妙な感じはしますけど…出走メンバーの中ではそれなりに安定して買えそうなのがこの馬ぐらいで、ここは軸的な感じで買いたい一戦です

○ノームコア

前走の中山牝馬ステークス(G2)は鞍上・田辺の消極的な騎乗もあり最後はインで詰まって力を出し切れなかったといわれる不完全燃焼の一戦。実績を考えればここでも能力は見劣りせず、初コースに対応さえできれば上位に来れる可能性はあると判断しました。紫苑ステークス(G3)が圧巻の内容でしたし左回りも問題なし

ここに来て鞍上は豪州の最強ジョッキー・レーンに乗り替わるわけですし…1800m~2000mを使われてきていますが、まだ底を見せてない感じ。とにかく距離さえこなせれば可能性は十分にあるはず

東京マイルでは活躍があまり目立っていないハービンジャー産駒ですが、半妹には東京コースで強かったクロノジェネシスがおり、更に母父にクロフネが入っている事を考えれば東京マイルがマッチしてしまっても不思議ではなく、先行して速い上りも使える万能なタイプなので、ここは好位から抜け出すような競馬に期待したいです

▲ワントゥワン

一度崩れた牝馬で尚且つディープインパクト産駒という事を考えてもこの馬を上位に取るのかはかなり迷ったのですが、これまでのタイムや戦歴を見ても明らかに盲点になっているのがこの馬

とにかく武器は爆発的な末脚で全28戦のうち上り最速を出したのは18回、上がり2位が4回、上がり3位が5回と圧巻の切れ味。内よりは外の方がいいと思っていたので枠は好枠と言える印象

前走の阪神牝馬ステークス(G2)では本命で狙って14着とまさかの最下位でしたが、後方からの馬には展開が向かない流れに加えてシュタルケもムチを入れずにほぼ追ってなかったレースですし、いい意味で軽視でOK

鞍上・中谷という不安はありますが…ここはもう吹っ切れて無欲の差し馬という立場での一撃があってもいいはず

☆サトノワルキューレ

全く人気はありませんけど…東京コースに変わることで可能性が出てきそうなのがこの馬

前走の阪神牝馬ステークス(G2)は初めてのマイル戦でしたが終わってみれば上り最速で駆け抜けての勝ち馬から0.3秒差の9着なら上出来。ワントゥワンと同じ理由で後方からの馬には展開が向かなかった一戦なことを考えればここでの巻き返しがあっても驚けないでしょう

角居厩舎はカンタービレとの2頭出しになりますが、サトノ冠でお馴染みの里見オーナーという事を考えても色気はこっちでしょう。ここはセオリー通りにこちらの方を上位に取って馬券を組みたいところです

△アエロリット

ここも迷いましたが…抑えの中では上位としての位置づけ。とにかく今の東京の高速馬場が一番合うのが間違いなくこの馬

ローテーション的に遠征帰りで嫌われてしまいそうな感じがしますが、東京芝コースでの成績は(3.2.0.1)と大崩れしておらず、負けた一戦も去年のこのレースで雨が降って稍重となり更に落鉄があった一戦なことを考えればほぼほぼパーフェクトな成績

牡馬の一線級を相手に戦っており能力的には間違いなく最上位ですし、スタートさえしっかり決めれればそのまま持ち前のスピードで押し切ってしまいそうな一頭

以下の印では穴推しとして挙げたいのが人気ブログランキングへ。とにかく善戦タイプなので決め手に欠けますが立ち回る力は優れており、ややマイナスな枠を引きましたが…序盤でそこまで後ろ目にいなければ上位に来れてもいいはず。枠だけで見限る訳にはいかない一頭です

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PAGE TOP ↑