【天皇賞・春 2019】最終予想 

公開日: 

どうも、工藤新一です

今回は平成を締め括る「天皇賞・春(G1)」の最終予想記事になります

ありがとう平成…

null

巷ではそんな言葉が囁かれていますが、平成最後はビシッと決めたいところ。GWを遊ぶ為にはここは勝ちたい一戦!と思っている人も多いはずですし、自分もその中の一人

という訳で、予想です!

天皇賞・春 2019 予想

◎ロードヴァンドール
○フィエールマン
▲グローリーヴェイズ
☆チェスナットコート
△クリンチャー
△エタリオウ
△パフォーマプロミス
△カフジプリンス
△メイショウテッコン

◎ロードヴァンドール

今の京都の高速馬場を踏まえた上でも、前目で競馬が出来てなかなか止まらない持続力が活きる舞台は間違いなくここでしょう

最初は真っ先にハナを切るのがこの馬なのかなと思っていましたが…展開的にはヴォージュが「逃げ宣言」をしたというのがむしろ良い傾向にとらえたい。この馬はハナで逃げなくても番手追走でOKな立場。これで序盤は前の馬が潰し合う可能性も軽減されてスタートを決めて番手追走が濃厚。それなりにヴォージュが大逃げ打つようならペースは流れて番手を追走しているこちらに軍配が上がりそう

前走の阪神大賞典(G2)では前が残りにくい状況の中で抜群の心肺能力で3着に残しましたし、この手の馬を乗らせたら鞍上・横山典弘はまぁ渾身の騎乗をしてくるはず。内枠の馬が好走傾向にある天皇賞・春なので、大外枠という事で嫌われそうですが…13頭立てならカバーは可能出来るはず

陣営もここを最大目標にして挑んできたと一発を狙っているレースですし、ここは期待を込めての本命で挑みます!

○フィエールマン

今年の天皇賞のレベルを考えたら実力も実績も上位は間違いなくこの馬でしょう。超スローからの上り勝負で勝った菊花賞(GI)もデビューから4戦での勝利で異例な訳ですし、前走のAJCCも勝ち馬のシャケトラより斤量1キロ増の57キロで2着は優秀

とは言っても、人気になってしまっていますし仕掛けどころが非常に難しくなりそうでルメールを持ってしてでもさすがに前の馬をとらえきれずに取りこぼしがあっても驚けないでしょう

まさに今日の青葉賞(G2)がそんな感じでしたが、一瞬のキレ味という瞬発力だけでは2着~5着となる可能性もあるはず

▲グローリーヴェイズ

京都コースは得意舞台ともいえるコースで、これまで大きく崩れたことのない安定感も魅力

これまでの勝った3戦は全てミルコが乗っていて、今回は鞍上・戸崎に代わるのは不安もありますが…最後まで良い脚使ってきそうな脚質的に仕掛けどころさえ間違えなければこのメンバーで崩れそうにない一頭

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PAGE TOP ↑