【青葉賞 2019】最終予想 良血馬戦を制するのは!

公開日: 

どうも、工藤新一です

今回は2着までに優先出走権が付与される最後のダービーのトライアル「青葉賞(G2)」の最終予想記事になります

このローテーションから本番のダービーを勝った馬は居ないですが、何かと2~3着を生み出す本番へ直結するトライアルレース

展開的には横山鞍上のリオンリオンがハナを切りそうで、序盤はそこまでペースは上がりそうもない一戦なのですが、スローを嫌う外人ジョッキーも多く参戦し、中盤辺りからペースは上がってきそう。最終的には好位から差してくるような馬に軍配が上がりそうな予感。上りが速い馬が例年活躍するレースなので、それなりに末脚を使える馬を狙いたい一戦。ヒモの相手ですが…オーストラリアからの刺客2人(アヴドゥラ、レーン)は超警戒が必要な実力派で紛れもありそうなので、結構手広くいきます!という訳で予想です!

青葉賞 2019 予想

◎トーセンカンビーナ
○カウディーリョ
▲ランフォザローゼス
☆キタサンバルカン
△アドマイヤスコール
△ウーリリ
△ピースワンパラディ
△マコトジュズマル
△リオンリオン
△セントウル
△サトノラディウス

◎トーセンカンビーナ

出遅れこそ不安ですが、人気馬もそこまで絶対的な馬も居ない混戦なら出番があっていいはず

近2走が上がり最速で、前走のアルメリア賞(500万下)は圧倒的な出遅れから最後は勝ち馬ランスオブプラーナに迫る2着は負けて強しの内容

ハイレベルだった新馬戦ではあのダノンチェイサーに先着し、その時のカテドラルも勝ち馬はあのヴェロックスに先着しNHKマイルにも駒を進めた実力馬。人気ほど上位と差は無いと見てもいいでしょう

エンジンのかかりが遅いので東京2400mはいかにも差しが届きそう。とにかくゲートに難があるので、こと重賞に置いて出遅れてしまったら致命的なのですが…スムーズに出れば馬券争いに加わっても不思議ではないでしょう。言うてもこの馬も2億3000万円で落札された超良血で、母カンビーナはアメリカのオークス勝ち馬。そんな馬を任された名門角居厩舎がクラシックへの出走さえもさせないというのは考えにくく、まずここは全力投球な一戦。潜在能力は高いと思うのでこのオッズなら買いでOK

いやー…マジでスタートだけはギャンブル性が高くなりますが、このオッズなら期待値の方を上に取りたいと思いました

○カウディーリョ

良血馬が揃った一戦とは言え、このオッズは舐められすぎな印象で、言うてもリオンリオンには新馬戦の時に先着していますし…2走目のアイビーステークス(OP)では馬もまだ完成していなかった中で尚且つ超スローペースの瞬発力勝負を後方待機から外を回しての惨敗ですし、それなりに見直せる一戦

前走の山吹賞(500万下)では休み明けで馬体重+20という成長を感じさせる馬格で…上りは最速タイムという抜群の切れ味を見せて結果的には完勝。血統的な面では母ディアデラノビアは重賞3勝馬でシーザリオが勝ったオークス(G1)で3着、その後も読売マイラーズC(G2)、ヴィクトリアマイル(G1)、エリザベス女王杯(G1)などで連続で3着と強豪相手に善戦した名牝

いつ大物が出ても不思議ではない血統的な背景からもここは混戦ならここは妙味的にも上位に推したい一頭

▲ランフォザローゼス

青葉賞と言えば藤沢厩舎なのですが、今年も得意のレースに鞍上ルメールを要してきた点は普通に取りに来ていると見ていいでしょう

近2走は中山コースでしたが、本質的には新馬戦でサトノジェネシスを下した東京コースの方が適正

こちらも本命同様にエンジンの係りが遅く、この馬に乗ったマーフィーも言っていたように距離延長は歓迎なタイプ。血統的には父キングカメハメハ×祖母エアグルーヴはドゥラメンテを彷彿とさせる最高の組み合わせで、東京2400mはマッチさえしてしまえばダービーでも面白くなりそうな馬なのは間違いないでしょう

☆キタサンバルカン

前走のゆりかもめ賞(500万下)は勝ち馬が強かっただけ。2走前の葉牡丹賞(500万下)ではランフォザローゼスよりも速い上りの脚を使っての4着は優秀で、一度この舞台を経験している強みも活きてくるでしょう

追い込み馬を持ってくるタイプの鞍上・大野への乗り替わりはプラスに働きそうですし、大崩れのないタイプなので堅実に追い込んできそうな気はしています

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PAGE TOP ↑