【先週の結果】福島牝馬ステークス、フローラステークス、読売マイラーズカップ レース回顧と次走狙い馬

公開日: 

どうも、工藤新一です

今回は先週開催された「福島牝馬ステークス(G3)」、「フローラステークス(G2)」、「読売マイラーズカップ(G2)」の予想結果とレース回顧についての記事になります

ここ4月は振るわなかった重賞予想ですが、ここにきて若干の復調の兆しが見えてきました。あとはG1シリーズと現地観戦などで勝負してじっくり爆発を待つのみ!

という訳で、今週ブログにUPしていた予想結果とレース回顧+次走狙い馬になります↓

【福島牝馬ステークス 2019】結果

1着 ▲ デンコウアンジュ
2着 ◎ フローレスマジック
3着 ○ ダノングレース

印上位3頭決着も配当が安すぎは仕方なし…

null

勝った▲デンコウアンジュは正直、勝つとは思ってなかったですが終わってみれば上りは最速の33.8秒で2着に2馬身半差をつける完勝。戦ってきた相手レベルを考えてもここは上位に来れて当然という結果だったかな。善臣さんホントすみませんって感じ(涙)。ペース的にはカワキタエンカがかなりスローに落としての瞬発力勝負になり、この馬の持ち味であるキレのある末脚が炸裂したという一戦。やはり高速決着というよりはこのぐらいのペースで瞬発力勝負になると舞台は問わず強いなという印象。2017年のヴィクトリアマイル(G1)がまさにそんな感じの2着で、その時は本命で勝負して3連複123,870円を的中できた個人的にも印象的なレース。とにかく溜めればキレるので、大舞台でもチャンスはあるはず。今年もペースが落ち着けば次の本番のヴィクトリアマイル(G1)でもチャンスはあるかもしれません。メンバー構成を見た上で判断したいです

2着の◎フローレスマジックは最後の脚は案外だった感じがしますが、ここでデンコウアンジュに完敗するレースっぷりを見る感じからは今後の大きな成長は見込めなさそうな印象。どこかで重賞は勝ちそうな馬だとは思うんですけど…全ての条件が揃わないと厳しいかもしれません

3着の○ダノングレースは道中かかってしまっていましたし、最終的には早めに押し上げて勝負どころでは脚色が衰えてしまった一戦。とは言っても格上げ挑戦で3着はそれなりにやれていた感じがしますが、この先もっと高いレベルで競馬をするとなると力の差は出てきそう。現時点では重賞では狙えないですが、今後もオープンぐらいなら勝ち負けは出来そう

4着以下の馬のついてですが、4着のペルソナリテと5着のミッシングリンクは順当に力を出しましたが…重賞だとこのぐらいが限界かな。人気どころだと6着のランドネは最後の直線でも不利を受けていましたし、瞬発力勝負になってしまったのが分が悪くもう少し流れていれば結果は変わっていたかもしれません

次走買い馬 → デンコウアンジュ、ランドネ

【フローラステークス 2019】結果

1着   ウィクトーリア
2着   シャドウディーヴァ
3着 △ ジョディー

勝ち馬のウィクトーリアですが、インのポジションからあえて外を回して最後の上りは33.2秒で駆け上がっての勝利は本番でも面白くなりそうなレースっぷり。前走500万下でも逃げて勝利していましたが…ここにきてやや力もレースセンスも増したという感じ。長く良い脚を使えていましたし…このメンバーの中では普通に一番強い競馬をしていたと思います

2着のシャドウディーヴァはここでは実績も上位でしたが、鞍上・岩田のお家芸ともいえるイン差しが見事に決まったレース。もともとフラワーカップ(G3)でも人気にはなっていた馬なので、本番でもそれなりに穴人気しそうですが、ハーツクライ産駒なので府中の2400mは合いそう。コントラチェックとの勝負付けは済んだ感じがしていますので何とも言えないですが…本番で内枠が引ければ面白いかもしれません

3着の△ジョディーですが、鞍上・武藤もいい感じに逃げて最後は持続力を活かせたこの馬にとって最高の騎乗ができたと思います。あわや勝ちそうな場面までも作りましたし、もともと東京コースでは高レベルの相手と戦ってきた馬ですが、ハナを切ってしまえば今後も面白いレースを見せてくれるかもしれないです

本命にした◎パッシングスルーは惜しくも4着でしたが、最後はしっかり伸びての敗戦でしたし、東京コースでは末脚は確実に繰り出すという事を示せた一戦。距離に関しては不安はありましたが、伸びても問題なさそうなので今後のレース次第では普通にやってくれそう

あとは18番を引き大外枠の不利があった人気の良血馬フェアリーポルカですが、中盤で一気に押し上げて脚を使っていながらも最後はしっかり伸びての5着なら上出来。内枠ならもっと上位に来れていたことを考えれば次は買いでOK

次走買い馬 → ウィクトーリア、パッシングスルー、フェアリーポルカ

【読売マイラーズカップ 2019】結果

1着 ○ ダノンプレミアム
2着 ◎ グァンチャーレ
3着   パクスアメリカーナ

ここは印2頭勝負で馬連1点が的中!

null

◎グァンチャーレが頭なら単勝と馬単もあったので4コーナーに差し掛かる場面では一瞬「おっ!」と思いましたが…勝ち馬が強かったですね

とは言っても予想通りの逃げ方と絶妙なスローペースを作りつつグァンチャーレがインディチャンプとパクスアメリカーナに先着するにはこれしかないという騎乗をした鞍上・池添も素晴らしかったのと、一桁台のプレッシャーも感じさせずにしっかり前の馬を可愛がって自分の競馬をした○ダノンプレミアムの鞍上・川田も流石という一戦

まぁダノンプレミアムはやはり規格外というか…パクスアメリカーナ、インディチャンプよりも1キロ重い斤量57キロでの完勝は自力がここでは違ったという一戦だったかな。先行して尚且つ早い上りを使えるのは現代の競馬で最も理想的な走り方

2番人気のインディチャンプは今回はスタートも決めて前目に付けて最後は伸びてきていましたが、本番でダノンプレミアムを巻き返すにはかなりの条件が揃わないと厳しい感じで、得意の東京コース変わって可能性はありますが…パクスアメリカーナよりは買いたい一頭

この結果により一気に安田記念(G1)が面白くなりましたが、アーモンドアイ対ダノンプレミアム対ビューティージェネレーションが実現すれば今年一番の好カードなのは間違いないでしょう。あとはこの3強にどこまで割って入れる馬が居るかを探すだけな気がします

次走買い馬 → ダノンプレミアム、インディチャンプ

この結果を踏まえた上で現時点で安田記念(G1)で狙いたい馬はこちら→人気ブログランキングへ

どの程度のオッズになるかはわかりませんが、この路線ならまず能力は最上位でしょう

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PAGE TOP ↑