【アーリントンカップ 2019】最終予想 

公開日: 

どうも、工藤新一です

今回は土曜の阪神メインレース「アーリントンカップ(G3)」最終予想記事になります

去年から開催時期が開幕週→最終週に変更となった事で完全にNHKマイルCの前哨戦的な位置づけ。3着馬までに本番の優先出走権が与えられるという事もあり、ここをメイチに作ってくる馬もいるはずでしょう。当然ですが…そのような馬を狙いたいところ

去年は◎インディチャンプで勝負をしましたが、結果はハナ差の4着と無念。NHKマイルCに向かうには3着以内は最低条件だったわけで、それでもその後のインディチャンプを活躍を見る限りではNHKマイルCの出走さえ叶っていれば…と思うところ。とにかくこれからも今後結果を出しそうなマイラーを輩出してきそうな同レースなので注目の一戦

アーリントンカップ 2019 予想

◎フォッサマグナ
○ニシノカツナリ
▲サンノゼテソーロ
☆ロードグラディオ
△ヴァルディゼール
△ユニコーンライオン
△ヴァンドギャルド
△ミッキーブリランテ

◎フォッサマグナ

賞金的にはここを3着以内に来なければNHKマイルCへの出走が厳しくなりそうな一戦で、藤沢厩舎がルメールを確保している時点でメイチ度はまず高いと見ていいでしょう

そのルメールも「マイルが合う」と言うように前走は距離短縮で500万下のレースはあっさり完勝。タイムも良くて一頭だけ抜けたレースの新馬戦でも33.7秒の早い上りを使えていますし、その時下した2着のランスオブプラーナはきさらぎ賞(G3)で3着、毎日杯(G3)を勝利と上々の結果

上がりの速い馬が好成績の同レースなことを考えれば力通り走って結果は残せるはず

ルメールに関しては本番はグランアレグリアの先約がいますので…ここは権利取りだけの騎乗となりそうですが、その手の仕事はしっかりこなす印象が強いのでまぁ3着以内を確保するような乗り方をしてきそう

○ニシノカツナリ

前走のスプリングステークス(G3)はかなり後方からの競馬になり、最終的にはポジションが全く取れず外を回して10着で参考外な一戦。乗り方も酷かったし、仕方なかったレースでしょう

それまでの2戦は共にマイルで3着→1着。新馬戦は中山マイルで大外を回っての3着。次走の未勝利は東京マイルを上がり最速の33.9秒で完勝。上がりの速い馬が好成績のこのレースという舞台設定を考えてもここは買いでOKな一頭

鞍上は期待の若手・武藤雅に戻るなら騎手人気もしなさそうだし、妙味的にも狙い目な一戦とも言えるでしょう

▲サンノゼテソーロ

新馬戦を勝利したばかりの馬ですが、2着以下を3馬身半差を付けて完勝した内容は強いの一言に尽きました

最大の目標をNHKマイルCの出走と陣営も決め込んでいますし、その為にはここの3着以内は必須条件。鞍上も引き続き穴での好走が目立つ津村ですし、荒れる方に振り切れるならこの馬にも出番があっていいはずでしょう

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PAGE TOP ↑