【桜花賞 2019】最終予想 2軸で勝負

公開日: 

どうも、工藤新一です

今回はクラシック一発目の「桜花賞(G1)」の最終予想記事になります

オッズ構成的にはダノンファンタジー、グランアレグリアが1、2番人気を分け合って…少し離れた3番人気がクロノジェネシスとほぼほぼ2強

もちろんですが、紛れの少ない阪神の外回り1600mコースということもあり2強で決まる可能性もあるはずですが…こんな時だからこそ抗ってみるのがギャンブルの醍醐味。ここは2強以外の別の2頭で勝負したい一戦

という訳で、予想です!

桜花賞 2019 予想

◎ビーチサンバ
○クロノジェネシス

◎ビーチサンバ

善戦タイプの馬ですが、強敵が揃って前走から妙味は据え置きなら狙い目はここだと判断しました

まず前走のクイーンカップ(G3)はクロノジェネシスと同様に叩き台の一戦でクラシックで唯一勝負になりそうなのは今回の桜花賞なのは明らか。負けたクロノジェネシスとは斤量差もありましたが…敗因は出遅れとポジション取りの差だけだったのでまだ勝負付けが済んだとは言えない一戦。上りは最速の32.9秒と強烈で、何かと決め手勝負になる桜花賞ですし、ここは当然合う舞台

この時期に入って馬体重も増えており成長も感じ取れますし、そつなく乗ってくれそうな鞍上・福永が詰まりそうのない外枠も引いたのもプラスでしょう

母のフサイチエアデールは桜花賞で2着、オークス5着、秋華賞5着と血統的な背景からも桜花賞一本に絞ってきた陣営のメイチ度はMAXなはず。ここは単勝オッズを踏まえても頭まで考えてもいいと思える本命

○クロノジェネシス

出遅れて2着になりそうな感じが否めないのがこの馬ですが、持っている能力は明らかに非凡。瞬発力に関してはおそらく世代最上位で牡馬を相手にアイビーステークス(OP)で見せた上り32.5秒の末脚はまさに圧巻

距離的にはオークスの方が合いそうな気もしますけど…陣営もここを何とかと意気込むあたりはやはりこの馬の非凡さを買ってのことでしょう。バゴ産駒という事で来なかったときは「早熟だった」と割り切れそうですが…これまでのレースを見る限りではこの世代の中では普通に上位

鞍上・北村友一も大阪杯(G1)をアルアインで勝利と初G1勝利を飾っていますし、言うても天下のサンデーレーシングの馬。もう一丁があっても驚けないでしょう

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PAGE TOP ↑