【ニュージーランドトロフィー 2019】最終予想 波乱の可能性あり!

公開日: 

どうも、工藤新一です

今回は比較的波乱の起こりやすい「ニュージーランドトロフィー(G2)」の最終予想記事になります

去年こそディープインパクト産駒のワンツーで落ち着きましたが…一昨年は3連単496,220円、その前は3連単1,051,270円と波乱続きの同レース。ここは荒れる方に期待したいところです

という訳で、予想です!

ニュージーランドトロフィー 2019 予想

◎カルリーノ
○グラナタス
▲ワイドファラオ
☆ココフィーユ
△ホープフルサイン
△アフランシール
△アガラス
△ショーヒデキラ
△ヴィッテルスバッハ
△メイショウショウブ

◎カルリーノ

連闘の一戦になりますが、この馬から

人気落ち+人気の盲点になっていますが、中山芝コースは(0.1.2.1)で勝ちきれないまでも適正的には十分高い印象。唯一の着外だった時の勝ち馬はダノンキングリーで相手レベルも低くはなかったはず

使われ過ぎが気になりますが…そもそも短距離路線では重賞でも2度3着に入っている実績馬。今回の相手レベルを考えてもここはそつなく走って掲示板以内は確保できてもいいはず

マツリダゴッホ産駒もこの舞台では高相性なことを考えればここは重賞でも狙っておきたい一戦

○グラナタス

折り合いに課題が合った馬ですが、まさに前走の(500万下混合)での一戦で克服ができており、相手レベルは威張れない上にタイムも遅かったですが、勝ち切れた面は成長という意味で評価したい一戦

今回は中山1600mですが、どちらかというと短距離でも活躍できるようなレベルの馬も好走傾向にあるのでまさにこの馬にとってはドンピシャの舞台

この馬自身もそうですけど、先行して突き抜けられるレースセンスは高く、出遅れも心配ないそつなく乗ってくれそうな好調キープの鞍上・三浦も好材料。大崩れも少ないロードカナロア産駒という事もあるので堅実に走ってくれそうな意味でも上位に推しておきたい一頭

▲ワイドファラオ

戦歴こそ3戦ですが、1600mを3戦すべて連帯してきた安定感は魅力で、主役らしい馬も居ない今回は一発があっても驚けない一頭

持ち時計がないので早い決着になると惨敗までありえそうですけど…穴的な魅力は十分に感じるので、ここは押さえておきたいところ

☆ココフィーユ

ロードカナロア産駒ですが、荒れる方に振り切れるならこの手の距離延長組にもチャンスがあっていいはず

いうても前走は全く競馬をしていない上に鞍上は国内での経験も少ない藤井勘一郎。今回は鞍上・大野に乗り替わりますし、京王杯2歳ステークス(G2)では4着の実績からもこのメンバー相手でも力は示してもいいはず

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PAGE TOP ↑