【大阪杯 2019】最終予想 混戦を断つのは妙味増しのアノ馬!

公開日: 

どうも、工藤新一です

今回は「大阪杯(G1)」の最終予想記事になります

人気も分散されており、一本被りの馬も居ないので…それなりの波乱はあっても人気上位はどれか入ってきそうな今年の大阪杯

主役は不在なので、予想する側の意見も真っ向に割れそうですが、ここは得意のG1でビシッと決めたいところです

という訳で、予想です!

大阪杯 2019 予想

◎ステルヴィオ
○ペルシアンナイト
▲アルアイン
☆ステイフーリッシュ
△ワグネリアン
△エポカドーロ
△ブラストワンピース
△キセキ
△エアウィンザー
△サングレーザー

◎ステルヴィオ

逃げるキセキが激流のペースを作るなら展開的にもハマってくれそうなのがこの馬

前走の中山記念(G2)でも狙いましたが…結果としては負けたのは位置取りの差と休み明けの分だったかなという一戦。それでも中山の鬼ウインブライト+53キロのラッキーライラックを相手に上がり最速で3着は能力の高さの証明。休み明けで太目に残った出来もありましたし、スローペースとは言え中山芝で上り33.5秒は凄まじくキレている証拠で、どう見ても最後の手応えは突き抜けてもおかしくなかったレース

今回はスローペースになるのは考えにくく…持ち前の鬼脚を繰り出すならここという舞台でしょう。ロードカナロア産駒の距離延長という事で不安視もされそうですが…アーモンドアイが証明してくれたように強い馬はその手の不安要素はひっくり返してくれるはず

前走のレース回顧でも書きましたが…この馬はメッチャ強い可能性を秘めていると思っていますし、鞍上・丸山がヘマさえしなければ超豪華となった今回の大阪杯は取れるはず!渾身の騎乗に期待します!人気も他のスター馬に譲った一戦で妙味も増したところを狙い撃ちします!

○ペルシアンナイト

休み明けは全く走らないので前走の負けは想定内ですし、皆さんご存知の通り叩き2走目でこそ本領発揮の一戦。まぁ明らかにここを狙ったローテーションで、鞍上のミルコもドバイではなくこちらに参戦している点からもメイチ度は間違いなく高いはず

ハービンジャー産駒が好走する舞台でもあり、勝ち切れるかはわかりませんが…馬券には入ってきそう。枠は外目になってしまいましたが、キセキが引っ張る縦長の展開になることを考えれば悲観する枠ではないでしょう

▲アルアイン

阪神内回り2000mは圧倒的にベストな舞台で、ここは人気的にも舐められすぎな印象

というか単勝20倍越えは「?」と思えたオッズ

内枠というのはこの馬にとっては絶好で、逃げるキセキを見ながら番手で進められるポジションになりそうですし…ハイペースの中を持ち前の持続力でキープできそうな展開面からも条件的には全てが揃ってしまった感じ

とは言っても、2017年の皐月賞(G1)から勝ち星がないことを考えると勝ち切るというよりは2~5着に安定して残しそう

☆ステイフーリッシュ

相手レベルは一気にあがりましたが、今回の人気の盲点となっているのがコレ

芝2000mという距離においては(1.1.2.0)でまさにベストの舞台。前走は京都記念(G2)を1番人気で2着だった馬が格上げされた舞台とはいえ14頭中12番人気はさすがに舐められすぎでしょう

人気馬は休み明けも多い分、この手の人気薄の激走があっても驚けないと思います

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PAGE TOP ↑