【高松宮記念 2019】最終予想 宣言通り狙います

公開日: 

どうも、工藤新一です

今回は「高松宮記念(G1)」の最終予想記事になります

さぁいよいよ春のG1シリーズが開幕!

ここから来週は超豪華メンバーが集う大阪杯→桜花賞→皐月賞→1週休んで天皇賞と競馬ファンにはたまらない時期

馬券的にもG1の軍資金はG1で作っておきたいところですし、一発目は超肝心

という訳で、そんなシリーズ一発目の高松宮記念(G1)の予想です!

高松宮記念 2019 予想

◎ロジクライ
○ダノンスマッシュ
▲アレスバローズ
☆ダイメイプリンセス
△レッツゴードンキ
△ミスターメロディ
△ラブカンプー
△モズスーパーフレア
△ペイシャフェリシタ
△セイウンコウセイ
△デアレガーロ
△ラインスピリット

◎ロジクライ

まず評価したいのは距離短縮一発目となった前走の阪急杯(G3)でスタート時にやや出負けして番手追走ならずでしたが…鞍上の横山も「スタートでぶつけられて後ろになったのが痛かった。その位置取りが最後まで響きました」と言っていたように、最後は進路が塞がっていて不完全燃焼。レッツゴードンキとポジションが変わっていれば結果も変わっていたと思えるような一戦

鞍上・ルメールで挑んだ富士ステークス(G3)では先行してから最後はワントゥワン、レッドアヴァンセ、エアスピネル、ペルシアンナイトを抑えての1着は強いの一言。この時のタイムもレースレコードですし、能力もスピードも兼ね備えた馬と言えるでしょう

前走からは更に距離が縮み初距離となる1200mは未知数ですが、1400mの距離短縮でも結果は出していますし妙味を考えてもこの一発目はどう見ても買いでOK。圧倒的な主役も不在なスプリント路線なら一気に頂点に立ててもいいはず。タフなコースでハーツクライ産駒は合いそうな上に鞍上にはルメールとなれば期待しか感じれない一頭

○ダノンスマッシュ

現役のスプリント路線の中でも能力は上位。絶好中のダノン軍団の1番バッター的な存在ですし、ここはG1シリーズ一発目からやってくれそう

安心安定のロードカナロア産駒ですし、キーンランド(G3)2着からは京阪杯(G3)→シルクロードS(G3)を上り最速で1着。1200mでは(3.1.0.0)と崩れ知らずな競馬を点からもこれ以上の評価は落とせない一頭

G1で鞍上・北村友一なので勝ち切れなさそうな気はしますが…主役不在の今のスプリント路線ですし、ここはあっさり勝っても驚けない

▲アレスバローズ

妙味的にも美味しくなったのはこの馬

どう見ても前走のシルクロードステークス(G3)は休み明けの叩き台の一戦。それでも外枠から最後はしっかり脚を使って0.4秒差の5着なら上出来ともいえるレースっぷりでしょう

言うても同じ中京1200mの重賞CBC賞(G3)を勝ち→次走の北九州記念(G3)も勝利と重賞を連勝出来るのは能力の高さの証明

鞍上に関しても2019年の現リーディングの川田という事を考えてもこの人気落ちは普通に狙っておきたいところです

☆ダイメイプリンセス

一気に人気が落ちた感じがしますが、まだまだ見限れない一頭がこの馬

ファインニードルが勝った去年のスプリンターズステークス(G1)では雨が降りしきりタフな馬場の中で0.2秒差の4着。比較的タフな馬場で走れる馬が好走する傾向にある今回の舞台は合うはずでしょう

前走は3番人気ながらも出遅れてミルコも勝負に行かなかった一戦ですし、軽視でOK。それでもG1の舞台に変わっても乗り捨てずにミルコが乗ってきた時点でここでも通じる「何か」があると見ても良さそう

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PAGE TOP ↑