【日経賞 2019】最終予想 初志貫徹。内枠を引き迷わず本命

公開日: 

どうも、工藤新一です

今回は春の中山重賞「日経賞(G2)」の最終予想記事になります

去年は3番人気ガンコが勝利し3連単136,540円。一昨年は4番人気シャケトラが勝利し3連単167,310円と波乱傾向にある一戦

やはり中山巧者と言われるような馬が強く有馬記念出走馬は好成績を収める今回の舞台。狙うべきはこの舞台で好走しそうな馬!
という訳で、予想です

日経賞 2019 予想

◎サクラアンプルール
○エタリオウ
▲ブラックバゴ
☆カフェブリッツ
△ルックトゥワイス
△ゴーフォザサミット
△メイショウテッコン
△クリンチャー

◎サクラアンプルール

当ブログでは何度も推してきている馬ですが、この馬が中山で走るとなったら迷わず本命と決めていましたので、ここは初志貫徹

前走のアメリカジョッキークラブカップ(G2)でも本命を打っていましたが…完全に外を回されたロスがある中での結果での着差。まぁ内枠だったら確実に馬券内には来ていたと思いますし、力はまだ衰えてないというレースっぷり

とにかく枠運に恵まれず外枠が続いていましたが、今回は4枠4番と絶好枠。実質2枠ですし、文句なし

芸術的なコーナリングセンスと一瞬のキレる脚はとにかく魅力で、現役屈指の中山巧者ですしこのコーナーを6回まわるコースはこの馬にとっては庭ともいえる舞台。メンバー的にも主役クラスの馬も見当たらないので手ごろな今はチャンス到来。鞍上・横山というのはやや不安ですが…流石にこの馬を後方ポツンで置いていくとは思えず人気的にも積極的な競馬に期待したい一戦

○エタリオウ

これまでの戦歴は(1.6.0.2)

エグいほどに2着が多く勝ち切れない馬ではありますが、そんな馬は今回は1番人気の立場なら頭で買うよりは2着固定で良い気もするというのが正直なところ

とは言っても去年のダービーでは4着でしたが、比較的前が有利だった展開の中で上り2位で追い込んで来た脚は圧巻。どうみても相当強い競馬をしていましたし…そのレースっぷりから個人的には神戸新聞杯では対抗、菊花賞でも本命を打ったほどの馬。ポテンシャルの高さは間違いなくメンバー随一。ステイゴールド産駒の中山芝2500mならまず舞台は合うはずでしょう

鞍上・ミルコはここ最近は不調気味ですが…そろそろ重賞を勝っておかないとモチベーション的にもやばくなりそうですし、この馬では全力を尽くしてくれるはず

本来なら本命クラスの馬ですが、妙味的な意味も含めて対抗の位置づけです

▲ブラックバゴ

バゴ産駒は早熟が多いイメージなので、7歳となった同馬は強くは推せないですが、近走を見た感じだと2走前の中山金杯(G3)は勝ち馬の中山の鬼ウインブライトとは0.3秒差の10着で上りは最速をマーク

前走の京都記念(G2)もタフな馬場を0.2秒差の6着と着差ほど負けてはおらず、好走の多い中山コースなら掲示板以内には入ってこれそうな力は持っているでしょう

☆カフェブリッツ

人気の盲点になっていますが、前走のダイヤモンドステークス(G3)ではユーキャンスマイルの3着と健闘

非根幹距離でマンハッタンカフェ産駒ですし、長い距離で人気薄の鞍上・蛯名というのも不気味な存在。デビューからダートを使われていましたが3走前から芝へと転身してからは大崩れもしておらず、今回の中山2500mというコースも合いそう。人気どころは休み明けも多い中で使われている強みも出てくるでしょう。明らかに妙味的にも面白い一頭

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PAGE TOP ↑