【フラワーカップ 2019】最終予想 今週はミルコの週になるかも?

公開日: 

どうも、工藤新一です

今回は土曜日に開催される中山のメインレース「フラワーカップ(G3)」の予想記事になります

桜花賞の前哨戦の位置づけですが、今年の有力どころはチューリップ賞(G2)やクイーンカップ(G3)を経由しており…既に役者は揃った感が満載なのは明らか

まぁ勝ち馬ぐらいなら桜花賞に通用しても良いと思いますが、本番までは意識しないでOKそうな今回の舞台でしょう

天候も気になりますが、まぁ稍重ぐらいになりそうで…中山1800mというコース設定という事もあり傾向通り先行抜け出しが出来そうな馬が普通に好走しそう

という訳で、予想です!

フラワーカップ 2019 予想

◎エールヴォア
○エフティイーリス
▲コントラチェック
☆シャドウディーヴァ
△ルタンブル
△マルーンベルズ
△フラル
△ジョディー
△アイリスフィール
△ランブリングアレー

◎エールヴォア

前走のエリカ賞(500万下)はハマった感もありますが、逃げての勝利で新たな面を引き出せたレースっぷり

2走前のアルテミスステークス(G3)を見ても展開がハマった感のある勝ち馬のシェーングランツはともかく、2着のビーチサンバと遜色のない末脚で3着は同世代の牝馬の中ではそれなりに評価したい一戦

中山の芝コースでヴィクトワールピサ産駒ですし、鞍上は不調ながらも中山を得意とするミルコとなれば人気でも勝ちに来る競馬をしてきそうなのは明らか。実際に去年の同レースもカンタービレで勝っていますし、今年はそろそろ順番といった感じの今回の舞台

マイルよりは距離は伸びた方が合いそうですし、ここは圧倒的に強い相手も不在なので…普通に勝ち負けには持ち込めると判断しました

○エフティイーリス

人気的にはやや舐められた感じはしていますが、前走のフェアリーステークス(G3)は勝ち馬とは0.2秒差の4着で、アクアミラビリスにも先着した一戦。スタート時は出遅れましたが、最後は外を回してしっかり伸びてきたという内容

やや飛びの大きい馬なので中山コースと言うよりは東京の方が向いてそうですが、今回のメンバーなら上位に割って入れる力は持っているでしょう

母エフティマイアは2008年に桜花賞・オークス共に人気薄で2着に来た牝馬で、この馬もクラシックは強く意識をしているはずですし…ここは何としても出走権が欲しいところ。この人気なら買っておきたい一頭

▲コントラチェック

デビューからの4戦はルメールが乗ってきましたが、今回は丸山への乗り変わりというのはやや割り引きたい一戦

ただ脚質的には前目に付けて持続性のある脚を使えるという点では同舞台間違いなく合うはずでしょう。血統的にも姉のバウンスシャッセはこのレースを勝っていますし、普通に走られたらこの馬も勝ち負け出来る力は十分に持っていると言えるでしょう

☆シャドウディーヴァ

前走のフリージア賞(500万下)は3着でしたが休み明けが響いたような一戦で、立て直されてればここでも十分に割って入れる一頭

未勝利の勝ち方は進路がふざがった間をこじ開けつつも上り33.4秒で2着に4馬身差を付ける圧巻のレースっぷり。これまでの4戦は東京コースで使われていますが、右回りと中山さえ合えば確実な脚を使ってこれそうな感じはしています

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PAGE TOP ↑