【弥生賞 2019】最終予想 結構雨、降ってます

公開日: 

どうも、工藤新一です

いよいよクラシックに向けてトライアルが始動。先日行われたチューリップ賞(G3)は単勝1.3倍のダノンファンタジーが快勝した事で桜花賞でも当然有力になってくるでしょう

勢力図が見え始めるこの辺りの時期は面白いですし、本番に向けてレース映像もしっかり見直したい時期でもあります…

ただ…人気を集めた実力馬だけが勝つわけではないのがトライアルレースの醍醐味。何が何でも権利を獲得しようと虎視眈々と仕上げてきた伏兵にも期待したいところです

そんな事を考えながらの…予想です!

弥生賞 2019 予想

◎シュヴァルツリーゼ
○ニシノデイジー
▲ラストドラフト
☆メイショウテンゲン
△ブレイキングドーン
△ナイママ
△カントル
△サトノラディウス

◎シュヴァルツリーゼ

人気の2頭は賞金も足りているので、ここは確実に皐月賞の権利を取りたいような馬を狙いたいと思いこの馬からいきます

キャリアはまだ1戦。新馬戦からの2走目で、その新馬戦は勝ちタイムはそこまでなのですが…外を回してから抜群の瞬発力で勝った内容はポテンシャルの高さを感じる一戦。その時の1番人気4着だったヴァンランディは同じサンデーレーシングで全兄にコディーノ、全姉にチェッキーノと血筋は優秀で次走はルメールに乗り替わってあっさり未勝利をレコードで勝利

とにかく走り方を見る限りでは幼い面があるので中山コースが合うかどうかですが…マッチさえすればここでも通用していいはず

鞍上の石橋というのも先行or早めにポジション押し上げという積極策を取りそうですし、中山重賞ではかなり乗れているジョッキーの1人。雨が降り重馬場になりそうですが、ハーツクライ産駒に加えて母系はドイツの血統。走っても不思議ではない。人気も抑えられそうだし妙味的には今を狙っておくべきでしょう

○ニシノデイジー

素直に世代の中では能力は上位なので、相手筆頭はこれでいきます

まずG1と重賞2つを含めて(3.1.1.0)の成績は流石に虫出来ないですし、鞍上・勝浦という不安要素はありますが、少頭数で余程のへまさえしない限りは大敗という事はないでしょう

クラシックへの出走に関しては余裕で賞金は足りていますので、試運転になりそうですが…能力を考えれば普通に馬券内

▲ラストドラフト

京成杯(G3)で見せたセンスの高さを持ってすればこのメンバーならまず上位に持ってこれるでしょう

配列的には好位追走から楽に抜け出しそうで、安心安定のルメールという事で人気にはなってしまていますが…買い方などで工夫を凝らしたいところ

☆メイショウテンゲン

前走に比べたら一気に人気を落とした形になりますが…きさらぎ賞は勝ち馬も強かったレースですし、母メイショウベルーガという良血馬を見限るにはまだ早いという感じはしています。重すぎた京都の馬場も合ってなかった可能性が高く、瞬発力勝負になりそうな弥生賞は能力さえ足りればやれていい舞台

皐月賞への権利取りを狙ったかのような強行ローテーションですし、外枠というのもこの馬にとっては合うはず。ゲートには難がありますが、スムーズに出てくれれば可能性は秘めている一頭

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PAGE TOP ↑