【仁川ステークス 2019】最終予想 結構走るフリオーソ産駒!

公開日: 

どうも、工藤新一です

今回は土曜の阪神メイン「仁川ステークス」の最終予想記事になります

まぁ…サクッと書きます

仁川ステークス 2019 予想

◎ホーリーブレイズ
○テルペリオン
▲ナムラアラシ
☆コスモカナディアン
△ヒロブレイブ
△キクノルア
△アングライフェン
△オルナ
△ピオネロ
△モズアトラクション

◎ホーリーブレイズ

昇級戦だった前走のポルックスステークス(OP)は2ヵ月空いての一戦でしたが、勝ち馬のテーオーエナジー相手では差があったものの1枠1番の枠ながらも最後のコーナーでは外を回しての2着はそれなりに力を示した一戦

その前の晩秋ステークス(準オープン)に関しては比較的前目の馬が残った一戦だったにも関わらずまとめて差し切った上り最速の末脚は魅力ですし、ここでも決め手は上位に引けは取らないはず

阪神ダートコースは(2.0.1.2)と相性も良く結果を出している舞台ですし、成長力のあるフリオーソ産駒が力を付けてきたという印象ですし、去年からハンデ戦となった同レースで斤量55キロも恵まれた感があり、今回はチャンス到来ともいえる一戦でしょう

○テルペリオン

前走のアルデバランステークスは明らかに先行が不利となった一戦で番手追走だったこの馬も見直しが利いてもいいはず

本命と同じ同じくフリオーソ産駒で成長力もあり、斤量も54キロなら恵まれた一戦とも言えるでしょう

鞍上の松若も乗れている相性の良い馬ですし、ここは人気落ちしたこの一戦を狙い撃ちしたい一頭

▲ナムラアラシ

去年の同レース勝ち馬ですが、同じローテーション(アルデバランステークス→仁川ステークス)での出走で鞍上・福永は狙いに来た一戦ともいえるでしょう

言うても阪神ダートコース(4.0.1.4)で4勝を挙げている舞台ですし、この中でも着外となった4戦のうち3戦は重賞レースなので言い訳の出来る内容

それなりの人気にはなりそうですが、さすがに前走のアルデバランステークス組が多い今回のメンバーなら連覇があっても良いはず

☆コスモカナディアン

一昨年の同レース2着馬ですが、あの時は勝ったグレイトパールも勢いに乗りまくっての連勝でしたし…3着には9馬身差を付ける一戦で、リピーターが好走傾向にあるこの一戦は普通に狙える一頭

乗り変わりとなった鞍上・川田という事で勝負気配もありそうなのですが…この鞍上が故に人気が先行してしまうなら少し勿体ないなと思えるのも事実な一戦

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PAGE TOP ↑