【フェブラリーステークス 2019】最終予想 現地まで行ってきます!

公開日: 

どうも、工藤新一です

さぁいよいよ今年初のG1・フェブラリーステークス!

個人的には現地の東京競馬場まで足を運んで叫んでくる予定です

去年はゴールドドリームは不動の軸、2番人気のテイエムジンソクは軽視という馬券で予想的には良い予想が出来ましたが、今年も一発目のG1でしっかり結果を出したいところ!

予想のポイントとなるのは現在1番人気で6連勝中のインティ。この馬を勝つと決め打つか…軽視するのが妥当か…

更には話題のコパノキッキングなども居ますが…これはどう見ても話題先行・人気先行で嫌って妙味な馬

と、様々な要素を含めて考えた末の結論です!

フェブラリーステークス 2019 予想

◎ゴールドドリーム
○クインズサターン
▲サンライズノヴァ
☆ノンコノユメ
△オメガパフューム
△サンライズソア
△モーニン
△インティ
△ユラノト

◎ゴールドドリーム

非常に迷いましたが、妙味や力関係などトータル的に見ても今年もこの馬から勝負でいきます

まず6歳になった今でも年齢的な衰えは感じさせず安定して走れる現役屈指の実力は本物。前走地方出走組で勝ったのは近年ではサクセスブロッケンぐらいというのは気になりますが…今の鞍上・ルメールなら普通に乗って3着以内に入ってこれるはず

東京ダートコースは(3.2.0.0)と崩れ知らずな上に同レースも一昨年1着、去年2着と好相性

枠は何とも言えない内枠になってしまいましたが、スタートで出負けしない限りは人気馬を前に置けるという配列も良さそうで、強烈な末脚を繰り出せる舞台は整ったとみていいでしょう

○クインズサターン

相手なりに走れるタイプで堅実な末脚は得意な東京の舞台でこそ活きそうな気配

とにかくオッズ的には盲点ともいえるポジションですし、枠も1枠1番はこの馬にとってマイナスではなくむしろインで脚を溜めれる事を考えたらいい枠だとも言えるでしょう

▲サンライズノヴァ

前走の根岸ステークス(G3)では1番人気8着でしたが、その時の敗因が特にないまま本番を迎える形にはなりましたが、輸送もありながら当日は若干絞り切れてなかったのも影響した一戦でしょう

とにかく東京コースに関しては言うまでもなく得意舞台。実際に東京ダートコースは(6.3.0.3)の戦歴は伊達ではないでそう。尚且つ距離も同舞台の武蔵野ステークスを勝っており、去年は4着だったことを考えれば問題はないはず

まさに人気が急降下したような今は妙味があると言える一頭でしょう

☆ノンコノユメ

去年の勝ち馬ですが、明らかに人気が下がり過ぎな一頭

このレースを制した後は交流G1で3戦連続4着した後にチャンピオンズカップ(G1)で惨敗を期しましたが…舞台が変われば巻き返しの可能性はわずかながらにあるはず

まさに去年の3着だったインカンテーションなんかもそうでしたが東京ダート特化タイプと言えるような馬が最後はしっかり好走するのがフェブラリーステークスで、近走を見る限りはまだまだやれてもいいはずでしょう

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PAGE TOP ↑