【根岸ステークス 2019】最終予想 適性を重視!

公開日: 

どうも、工藤新一です

今回は今週の日曜メイン「根岸ステークス(G3)」の最終予想記事になります

展開的には外からマテラスカイ辺りが逃げてペースはハイペースになりそう…。そうなると最後の直線は差しが決まる競馬になりそうなメンバー構成。やはり道中いかに脚を溜めれるかがポイントとなるレースでしょう

特に荒れそうな気配もなさそうなので…ここは買い方を超工夫してビシッと決めておきたい一戦!

根岸ステークス 2019 予想

◎サンライズノヴァ
○ユラノト
▲サトノファンタシー
☆モーニン
△キタサンミカヅキ
△クインズサターン
△メイショウウタゲ
△ヤマニンアンプリメ

◎サンライズノヴァ

東京ダートコースは(6.3.0.2)。東京ダート1400mに限れば(2.2.0.0)とパーフェクト。得意の東京コースで狙わずしてどこで狙うのかというぐらい、ここでは買いでOKな一頭

枠も外目を引いて包まれることもなさそうですし、スタートで躓いたりなどの大きなロスさえなければまず上位に来てもいいはずでしょう

○ユラノト

今後の大舞台を狙うならここをメイチに作っておいてというのが妥当なところでしょう。鞍上はルメールですし…どう見てもここは勝負レースの一戦

ルメールが乗った時は(5.2.0.1)と負けた一戦はデビュー戦の4着のみなので超好相性ともいえるコンビ

正直、ここ最近の重賞ではまず崩れないルメールなので人気し過ぎなのは否めないですが評価も落とせないかなと

▲サトノファンタシー

相手レベルが一気に上がりますが、適正なら上位はコレ

こちらも分かりやすく東京ダートコースを得意としている馬で東京ダートの通算成績は(3.1.3.2)と大きく崩れない

とにかく格的な強さよりも適正で好走する馬が多いのでここは上位に推したい一頭。岩田もしっかりインを突いて堅実な脚を使ってこれれば食い込みがあってもいいはずでしょう

☆モーニン

前走はJBCスプリント(G1)で4着と遠征帰りでも見せ場を作った一戦

3年前の同レースを勝っていますし、適正に関してはいうまでもなく上位でしょう。

言うてもG1馬なので斤量58キロになりますが、去年のノンコノユメのような頭で突き抜ける結果になっても驚けない

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PAGE TOP ↑