【初富士ステークス 2019】最終予想 勢いのあるアノ馬が本命!

公開日: 

どうも、工藤新一です

土曜のメインレース「初富士ステークス(1600万下)」の予想記事になります!

だうぶサクッと書きますが、それなりに荒れる可能性もあるのかな…と思っています

初富士ステークス 2019 予想

◎レッドシルヴィ
○アウトライアーズ
▲チャンピオンルパン
☆ウイングチップ
△レッドローゼス
△アッフィラート
△アーバンキッド
△ティソーナ
△アシュリン
△カフジバンガード
△ウインフェニックス

◎レッドシルヴィ

前走は1000万下からの昇級戦になりますが、去年の暮れに中山芝1800mを2連勝で勢いのある牝馬

それまでの2年は馬券内こそ少なかったですが、大崩れもしていなかった印象。適正は間違いなくこの距離だとは思いますし、特に中山コースでは安定。半兄には重賞勝ち馬のルルーシュが居る隠れた良血馬ともいえる一頭

ヴィクトワールピサ産駒は非根幹距離で結果を出すタイプで、特に中山芝1800mの単勝回収率は100%を超えるという点も好材料

相手レベルは間違いなく高くなりますが、ここまで人気がないなら妙味的には買っておいて損はないでしょう

○アウトライアーズ

得意舞台での巻き返しがあるなら、ここ!という一戦でしょう

スローペースだった2走前のレインボーステークスは明らかに展開負けというレースだった訳ですが、その時も今回の1番人気のレッドローゼスより外を回しての先着。オッズ的な妙味的にはこっちを上に取りたいところ

鞍上には中山を得意とする田辺に戻りますし、中山巧者のウインブライトの2着に来たスプリングステークス(G2)と同じコースであれば復活の可能性は十分

本命と同じヴィクトワールピサ産駒という事を考えてもワンツーがあっても驚けない

▲チャンピオンルパン

8歳馬ではありますが、元々このクラスではフィアーノロマーノやゴールドサーベラスなどと接戦をしてきた一頭

ハーツクライ産駒の距離延長ですし、鞍上にはテン乗りの石橋脩。こればかりは走ってみなければわかりませんが、自在性のある馬なので枠的にもスタートさえスムーズなら先行策を取ってきそう

とにかく前走で復調を見せていますし、勝ちまでは無いかもしれないですが、馬券内の可能性なら十分にあり得そう

☆ウイングチップ

去年の同レース2着馬でありながら、この人気はちょっと舐められ過ぎな印象

前走は初ダートでの大敗ですし、軽視でOKな一戦。去年はマイルを使われていることが多かったですが…どちらかというと1800mが適正で尚且つ非根幹距離向きな馬

そもそも荒れる一戦だと予想しているので、この手の人気薄は激走に賭けた方が期待値は高いと思っています

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PAGE TOP ↑