【日経新春杯 2019】最終予想 先行馬多すぎな一戦もスタート次第で出番あるアノ穴馬に期待!

公開日: 

どうも、工藤新一です

3日開催の真ん中!

ここは置きにいかずに攻めた予想でいきたいと思います!

日経新春杯 2019 予想

◎ロードヴァンドール
○アフリカンゴールド
▲グローリーヴェイズ
☆ノーブルマーズ
△ルックトゥワイス
△ムイトオブリガード
△ウインテンダネス
△シュペルミエール
△ケントオー
△サラス

◎ロードヴァンドール

完全に一発に期待する形の本命ですが、前に行けることが出来れば持ち前のしぶとさを活かして馬券内に入る可能性は十分にある一頭

前走は8ヵ月半の休み明けでしたし、スタートで行き脚が付かづ無理させない形での最下位。叩かれて良くなるタイプで去年の同レースではハナを切ってパフォーマプロミスの2着とコース実績は問題なし。実際にこの馬自身、京都芝コースは(3.2.1.2)で最も得意とする舞台

今回は『前に行きたい馬が多すぎる』のでギャンブル性は高くなりますが…このオッズなら期待値の方が高いと判断しました。前に行けずに後方ポツンされたら諦めますが(笑)

昆厩舎×鞍上・横山典弘のコンビはここ最近ならミスパンテール、アンジュデジールなど昨年の暮れには重賞を2勝。何気に今日はこの一鞍のみと勝負気配も漂っていますし、冬場は走るというのもプラス材料。人気はしていませんが激走に期待します!

○アフリカンゴールド

前走の菊花賞はG1な上に稀に見るスローペースだった上に終始外を回っていたという事を考えても、悲観するほどの内容ではなかったと思う。その時も評価したこの馬が斤量52キロは魅力

兵庫特別(混合1000万下)は2着に4馬身差をつける圧勝でしたし、底はまだまだ見せていない一頭

鞍上・ミナリクがどうなるかですが、スローの瞬発力勝負というよりはタフな流れになりそうなので、枠と斤量をしっかり活かせれば勝ち負けまで可能だと思います

▲グローリーヴェイズ

どう見ても実力上位はコレ

前走の菊花賞(G1)は厳しかった大外枠ながらも上り最速タイでフィエールマンやエタリオウとは0.5秒差、ブラストワンピースと0.1秒差で5着はハイレベルとされる明け4歳世代の中でも能力的には上位と考えていいでしょう

土曜日不発だった鞍上・ミルコは次の日に固め打ちで確実に調子を上げてくるジョッキーですし、京都コースでディープインパクト産駒ならまぁ安定して掲示板以内には入ってこれそう

ただ…タフな展開がどうなるかという点はあるので、取りこぼす可能性も考えて予想したい一頭

☆ノーブルマーズ

世界レコードとなった前走のジャパンカップは超高速馬場で特殊なレースだったと考えれば、今回タフな流れになりそうなコース替わりはプラスに転じそう

アルゼンチン共和国杯も高速馬場でしたし、その時は同馬は5番人気。共に走ったウインテンダネス、ガンコ、ルックトゥワイス、ムイトオブリガード辺りと今回の人気を比較しても明らかに今回は盲点となってしまっている一頭でしょう

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PAGE TOP ↑