【中山金杯 2019】最終予想 今年初の現地観戦!叫ぶぞ!

公開日: 

どうも、工藤新一です

『1年の計は金杯にあり』

競馬をする人の中では格言的な言葉ではありますが、やはり一発目の重賞から的中することほど気持ちいいことはありません

個人的には現地の指定席を取って観戦予定なので、それなりのプラスで良い酒を飲みたいと思っています

という訳で、新年一発目の重賞予想です!

中山金杯 2019 予想

◎ウインブライト
○コズミックフォース
▲アドマイヤリード
☆ストロングタイタン
△ステイフーリッシュ
△サンマルティン
△ランガディア
△マウントゴールド
△エアアンセム
△タイムフライヤー
△マイネルハニー
△ブラックバコ

◎ウインブライト

とにかく「中山の鬼」

現役屈指の中山巧者だという事を考えてもここはトップハンデでも狙い目だと判断しました

中山芝コースは(3.2.0.1)とわかりやすく、中山で買わなければとこで買うという感じの一頭でしょう

去年勝った中山記念は2着以下に居たのはアエロリット、マルターズアポジー、サクラアンプルール、ペルシアンナイトと骨っぽいメンバー

前走はマイルチャンピオンシップで9着でしたが、勝ち馬のステルヴィオと0.4秒差なら悲観することはないでしょう。得意条件に戻った今回なら上位争いに入ってこれるはず

枠的にはもうちょい内が良かったですが、ここなら許容範囲でしょう

○コズミックフォース

ハイレベルと言われる明け4歳世代のダービー3着馬

同コースの京成杯(G3)ではジェネラーレウーノの2着に来ていますし、距離2000mは(2.1.1.0)で完璧。どう見てもここはコース変わりで一気に巻き返す可能性はありだと思います

ましてや近2走の惨敗でどうみても妙味は増している感じですよね

展開的にもまず先行策を取って来るだろうですし、枠に関しては2枠3番は超絶好。うまく抜け出せれば地力の高さで突き抜けても驚けないでしょう

▲アドマイヤリード

データだけで見ると中山金杯において牝馬は過去10年で馬券にすら絡んだことがありませんが…

そもそも出走する牝馬が少なかった訳ですし、G1クラスのこの手の馬なら十分に通用する可能性はあるでしょう
鞍上・横山の後方ポツンが怖いですが、枠は内枠で良いところを引きましたし、好枠を活かしてしっかりエスコートしてくれればステイゴールド産駒での中山コースの一発も秘めている

牝馬限定戦のイメージしかありませんが、前走のディセンバーステークス(OP)ではプロディガルサンをしっかり差し切っての勝利ですし、その時の斤量が56キロだった事を考えてもここは妙味アリだと判断しました

☆ストロングタイタン

冬場+中山は走ってみなければわからない感じもしますが、とにかく前走の中日新聞杯は休養明けで、どう見ても来ないだろと思われたプラス36キロで3着は優秀

叩かれて良くなるタイプなのは鳴尾記念1着で示していますし、鞍上・大野は去年の暮は中山で一番乗れていたジョッキー

時計もそれなりに出そうな事を考えれば、上位争いに入ってこれていいはず

△ステイフーリッシュ

外枠に入ったので若干、評価を落とす形にしました。ただ、ここはステイゴールド産駒で新馬戦で勝った2000mはベストで中山コースもホープフルステークス(G1)で3着で申し分ない申し分ない一頭

前走も狙いましたが、ハイレベルの明け4歳世代の王道ローテ(ダービー、神戸新聞杯、菊花賞)での負けは相手レベル的に仕方なしといったところ。言うても重賞勝ち馬ですし、ハンデ56キロは手ごろなところに収まったかなという印象

この枠でも上手く乗れば馬券内に入れる可能性は十分にある

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PAGE TOP ↑