【中日新聞杯 2018】最終予想 荒れる目にBET!

公開日: 

どうも、工藤新一です

ローカルハンデ重賞と言ったら荒れるイメージがありますが、去年の中日新聞杯は人気こそ割れましたが、そこまで荒れず仕舞い

ただ今年はどうでしょうか・・・

人気を背負うのが斤量増となった去年の覇者+見込まれたハンデのハイレベル3歳勢

展開的な事を考えても荒れる目は十分にあると判断して予想しました!

競馬というギャンブルは本当に難しく、多くの人が「荒れない」って思っている時ほど荒れたりして結果大波乱ということもありますし「荒れる!」と思っている時ほど固く決まったり中波乱だったりします

この荒れるか堅いかを完璧に予想できる人は絶対に居ないと思いますし、それが出来たらそれこそ競馬で食べていける人になれるはずです

とにかく大事なのは大衆心理をどう読み解くのかですし、勝つ為に必要なのは「競馬の知識<馬券的ギャンブルセンス」だと常々思っています

これが競馬が『思考のギャンブル』だと言われる由縁でしょう

前置きはさておき・・・

何が言いたいかと言うと今回の中日新聞杯は荒れる方に賭けたいなと思いました。そんな感じの予想です!

中日新聞杯 2018 予想

◎ハクサンルドルフ
○エンジニア
▲ギベオン
☆レイホーロマンス
△アメリカズカップ
△ストロングタイタン
△グレイル
△エテルナミノル
△メートルダール
△マイスタイル
△スズカディープ

◎ハクサンルドルフ

ハンデも55キロと手頃なラインに収まったのと、距離的にはマイルはやや忙しく感じるのでこの距離延長はプラスに働きそう

前走のキャピタルステークス、前々走の富士ステークスもそれなりの相手に大敗している訳ではないですし、富士ステークスの上り3ハロンは33.3でメンバー2位のタイム。3走前のエプソムカップでは2着と健闘

鞍上・藤岡康太はこのコースは好相性ジョッキーで中京では狙える騎手の1人

この人気なら妙味もありますし、ペースもそこまで流れずにスローが濃厚。そうなってきたときはこの馬の瞬発力が活きることになりそうですし、人気の3歳馬も居ますが…ここはハンデも味方し最後に突っ込んでくると予想して勝負します

○エンジニア

ハンデも54キロでここは好勝負。善戦タイプで人気はそこまでしていませんし、安定感を素直に評価して対抗

中京芝2000mは3走前の1600万下で勝っていますし、適正面は問題ないはず。枠もこの馬にとっては好枠の最内枠を引きましたし…このメンバー相手でもやれていいでしょう

▲ギベオン

展開的にはスローの瞬発力勝負になると予想していますし、一瞬の脚はこの馬がメンバーの中でも一番でしょう

ディープインパクト産駒に加えて藤原厩舎、更には鞍上にクリスチャン・デムーロという事を考えても特に軽視する理由のない一頭ですし、なんせ強いと言われる現3歳世代

斤量的には見込まれましたが、

距離短縮はどうみてもプラスですし、勝ち負けまで持ち込める力は普通にあるでしょう

☆レイホーロマンス

オッズ的には舐められていますが、位置取りさえ完璧だったら上位に来れる可能性は十分にある一頭

エリ女の時も書きましたが、この馬が勝った中京コースでの尾張特別の2着チェスナットコートはその後2連勝→日経賞2着→天皇賞5着とそれなりにレベルも悪くはなく、この馬も今年は51キロで挑んだ七夕賞6着、小倉記念4着と健闘

今回も斤量51キロですし、そろそろ馬券内に来る順番が回ってきてもいい頃合いかなと思います

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PAGE TOP ↑