【チャンピオンズカップ 2018】予想オッズとレース展望 JCが終わった後の虚無感が異常…

公開日: 

どうも、工藤新一です

なんだろう・・・この気持ち

日曜日のジャパンカップが夢の時間だったような平日の虚無感・・・

そのぐらい現地で見ていて素晴らしいレースでした

多分、この先何年も塗り替えられることのない芝2400mの世界レコード。1人の競馬ファンとしてあの場に居れたことを誇らしく思います

とりあえずブログに記事として書いた予想の結果から↓

【ジャパンカップ 2018】結果

1着 ☆ アーモンドアイ
2着 ▲ キセキ
3着 △ スワーヴリチャード

◎サトノダイヤモンドは6着でしたが、好位のインを付けなかったのと前が止まらなすぎる展開もあって完敗

勝ちタイムは2.20.6と驚愕の世界レコードで、現地で見ていて正直しびれました!たいして馬券的には勝負はしていなかったのですが、負けたことよりもアーモンドアイの強さに脱帽するレースでしたね。もしかしたらロードカナロア産駒がディープインパクト産駒を超える日もそう遠くないのかもしれません。年度代表馬確定ですし、現役最強も証明したレースでしょう

2着のキセキも本格化したレースで、あのペースで逃げ粘ったタフさと川田の神騎乗は素晴らしかったです。前半1000mまでは平均ペースだったのにも関わらず、あそこから更にペースを上げて粘れる心肺能力の高さは現役屈指。菊花賞を勝ってるだけあって距離は伸びてもOKな感じがするので、天皇賞・春辺りは合いそうな予感。ルーラーシップ産駒という奥深さもあり今後が楽しみな一頭

平日に戻って一気に虚無感に襲われましたが…まだまだ有馬記念まではG1ラッシュ!ノンストップでいきたいと思います!

という訳で、今週のG1はダートの頂上決戦ともいえる「チャンピオンズカップ(G1)」

まずはnetkeibaによる予想オッズと人気上位馬についての見解です

チャンピオンズカップ 2018 予想オッズ

ルヴァンスレーヴ  2.1
ゴールドドリーム  3.0
ケイティブレイブ  5.1
オメガパフューム  12.1
サンライズノヴァ  13.4
サンライズソア   14.6
ノンコノユメ    16.2
インカンテーション 66.3
アンジュデジール  74.2
ウェスタールンド  117.5

ルヴァンスレーヴ

全日本2歳優駿1着、ユニコーンステークス1着、ジャパンダートダービ(G1)1着と同じ世代では敵なしの状態で挑んだ盛岡のマイルCS南部杯でもゴールドドリーム、ノンコノユメを下しての1着

もう既に世代交代は済んだとも言えるダート界の超新星

極端なタイプではなく走りにも自在性があり、好位に持ち出して良い脚を使える馬なのでここでも好勝負は必至という印象

ただ過去10年で3歳馬の成績は(0.2.2.18)と勝ち切れていない点は気になります。このデータを裏付ける理由もあるかもしれませんので、過去に出走した3歳馬はしっかり見直したいところ

ただローテーションで言うなら前走マイルCS南部杯組の成績は(2.0.0.4)とピンかパーと言った感じ

更にはここ最近は不調の鞍上ミルコ・デムーロ。流れを止めるならここという感じもしますが、今後のミルコのモチベーション的にも注目の一戦である事は間違いないでしょう

ゴールドドリーム

去年の覇者

あの時はライアン・ムーアの神騎乗あっての勝利だったとは思いますが、今年の鞍上は神ってるルメールという事を考えれば連覇の可能性もあると見て良いでしょう

前走のマイルCS南部杯は2着でしたが、休み明けの1番人気でやや見直せる一戦。叩かれて状態が上向くならルヴァンスレーヴより先着は出来るはず

安定して上位に来ている今年の成績を見ても惨敗というのはちょっと考えにくい一頭です

ケイティブレイブ

前走のJBCクラシック(G1)を完勝

この結果から中央のダートでもやれる事がわかりましたし、内容的にも逃げるサンライズソアをしっかり捕らえ切り3歳世代のオメガパフュームの猛追も凌いだレースは高く評価したい

5歳を迎えて本格化もした印象で、去年は4着でしたが…今年は更なる高みを目指せるはずでしょう。前走も本命を打ったように当然ですが、有力視しておきたい一頭です

オメガパフューム

予想オッズを見た時に一番妙味的な魅力を感じたのはコレ

強いと言われる3歳馬ですし、流石にルヴァンスレーヴとオッズでここまで差が開いてしまうなら狙いたい一頭

鞍上は和田で良いと思ったのですが…今回はクリスチャン・デムーロ。まぁ大幅なマイナスにはならないでしょう

1800mは3戦3勝で距離は申し分ないですし、あとは中京ダートコースさえ噛み合えば末脚を繰り出して上位に食い込める力はあるはず

サンライズノヴァ

相手レベルでは他の馬に比べてやや劣りますが、前走の武蔵野ステークス(G3)は出負け+外を回して差し切り勝ちは強い内容
ただ距離適性を考えた時に1800mで同じ足が繰り出せるのかは疑問が残る印象

ここ最近の安定感は評価できても、流石にG1の今回は出遅れて勝ち負けできるほど甘くはないですし、スタートに難がある以上はヒモ程度でOKかなと。軸には出来ないと思える一頭です

と、上位5頭について書きましたが・・・

自在性の高いルヴァンスレーヴはともかく他の人気馬は差し馬が多いと思える今回の一戦

どの馬も強烈な脚を持っていますが、展開一つでは不発まであり得そうなのも正直なところ

という訳で穴馬として推したいのがコチラ↓

人気ブログランキングへ

個人的には「どう考えても狙えるのはコレ」と思える馬です

後方から能力上位を捉える馬を探すよりは前目に付けれて自分の競馬に徹することのできる穴を狙いたい今回の一戦

どう考えても人気は舐められ過ぎですし、この鞍上は超魅力。スタートさえ決めることが出来れば頭まであるかもしれません

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PAGE TOP ↑