【ジャパンカップ 2018】予想オッズとレース展望先週の結果

公開日:  最終更新日:2018/11/20

どうも、工藤新一です

さて今回は古馬G1で最も格式の高いジャパンカップ2018についての記事になります

今年もあっという間にこの時期がやってきましたね
街にもイルミネーションが灯り始める11月の下旬

クリスマスに向けてカップルたちは色々な計画を立てる時期ではありますが、競馬ファンにとってはクリスマスより競馬!

有馬記念までノンストップで突き進みます!

まずは、先週の結果からサクッと↓

【東京スポーツ杯2歳ステークス 2018】結果

1着 △ ニシノデイジー
2着 △ アガラス
3着 ○ ヴァンドギャルド

◎ヴェロックスは惜しくも4着。印もそれなりに抑えて買っていたので悔やまれる一戦。ニシノデイジーに関してはやや舐められた評価だったのでもっと上位に推しても良かったのですが、鞍上・勝浦を嫌ってしまいすみません…。この後はホープフルSになるそうですが、取り扱いには非常に悩むことになりそうです

2着のアガラスはビュイックが上手く乗ったというか、もう少し前が空けば勝っていたというレース。ただ次走はルメールになると思いますが、注目の一頭でしょう

【マイルチャンピオンシップ 2018】結果

1着 ◎ ステルヴィオ
2着 ○ ペルシアンナイト
3着 △ アルアイン

本命◎ステルヴィオでビシッと決まって的中!

null

回収率こそそこまで振るわずでしたが、ここは本線で決まりホッと一安心。何度もG1は得意だと言ってきていますので…結果を出せて良かったです

際立ったのは鞍上・ビュイックの馬群を捌いてインを突いた好騎乗。やはりゴドルフィンの主戦騎手は世界のトップクラスだと実感。陣営もここに向けてしっかり仕上げてきていましたし、ロードカナロア産駒の距離短縮と爆発的な末脚を信じて良かったです

対抗のペルシアンナイトは惜しくも2着でしたがこれもまた実力をしっかり発揮出来た一戦。前走の叩き台とは別の馬になっていましたし、ミルコもようやく復調の気配を見せている印象。この馬は今後もマイル路線を引っ張っていくことになるでしょう

3着のアルアインは抜群のレースセンスで先行からの早め抜け出しで馬券内をキープ出来たのは流石川田という感じ。この後の有馬記念で買いたいと思っていたのでこの好走により人気してしまいそうなのは残念な感じもしています…

と、もっと回顧したいのですが…レース映像は何度も見たいと思います

良い流れで迎えれそうな現地観戦予定の「ジャパンカップ(G1)」!

去年も現地まで行ったのですが◎レイデオロ○シュヴァルグランのワンツーでビシッと決まり

その直後の京阪杯でも☆ネロ→◎ビップライブリー→○イッテツも本線的中で合わせて60万円近く勝てた思い出の一日

※当時の記事→コチラ

今年も現地でしっかり決めたいです!

まずはnetkeibaによる予想オッズと人気上位馬についての見解です

ジャパンカップ 2018 予想オッズ

アーモンドアイ   1.8
スワーヴリチャード 4.2
サトノダイヤモンド 5.1
キセキ       7.7
シュヴァルグラン  11.7
マカヒキ      27.8 ※回避(11/19付け)
カプリ       29.5
ミッキーロケット  61.4 ※回避(11/15付け)
ミッキースワロー  62.1
ノーブルマーズ   83.8

アーモンドアイ

「牝馬3冠すらも通過点」そんなフレーズが出てしまうぐらいの最強牝馬

そのぐらい怪物クラスの可能性を秘めた一頭で、言うまでもなく斤量53キロは反則的ともいえるハンデ

過去に牝馬3冠の後にジャパンカップを制したジェンティルドンナと比較しても普通に同レベルぐらいはあるでしょう。その時はオルフェーヴルという強敵が居ましたが、今年はオルフェーヴルクラスが居ない事を考えれば圧勝の場面まであるかもしれません

ただ馬券的な妙味は低く、不安がない事が不安ともいえる今回は買い方をどうしようか考えなければいけない一戦になるでしょう

スワーヴリチャード

天皇賞・秋は1番人気10着と惨敗しましたが、休み明け+出遅れが大きく響いた内容

個人的にも天皇賞の時は軽視していて次のジャパンカップこそ狙い目と思っていただけに、ここは巻き返し必至の一戦でしょう

最強世代の4歳馬の中では十分に胸を張れる戦歴ですし、復調気味のミルコならアーモンドアイに逆転も可能な気はします

サトノダイヤモンド

人気馬の中ならやや力が劣るのはコレなのですが鞍上にはマジックマンことモレイラなら無視は出来ない一頭でしょう

ただ…前走の京都大賞典は復活を印象付ける勝利になりましたが、陣営も何としてでも落とせずに取りにきたレースという感じでしたし2着レッドジェノヴァ、3着アルバートとレベル的にも疑問が残る一戦

まぁモレイラだから買うっていう人も多いと思いますが、オッズ的に人気が先行するなら軽視したい感じはします

キセキ

玄人が一番好みそうなのがこの馬

鞍上は日本人の中でもG1では信頼のおける川田ですし、天皇賞・秋3着(6番人気)、毎日王冠3着(6番人気)という成績からしても人気よりも着順の方が上に来ている点からも妙味を考えればこれが一番お買い得な気はします

言うても最強世代の菊花賞馬ですし、超不良馬場で勝ったアノ時のイメージが残っている人も多いならここは期待できる一戦かもしれません

シュヴァルグラン 

去年の勝ち馬で、連覇のかかる大一番

どう見ても叩き台だった前走の4着はあれで良しという内容でしたし、勝つ気のなかったレースなのは明らか

ボウマンが乗れなくなったのは痛いですが、クリスチャン・デムーロなら可能性は残したかな…という印象。オッズ的にも去年の覇者が単勝10倍を超えるなら美味しいと考えてもいいと思います

と、ザックリ人気5頭について書きましたが…アーモンドアイ1強は揺るがない印象

ただここから買った場合はプラスに持っていくのが困難ですし、買い方に悩まされることになるでしょう

そんな中でも妙味を考えても推したい穴馬はコチラ↓

人気ブログランキングへ

恐らく人気は全くしないと思いますが、どう考えても怖いのが鞍上。展開面などの様々な助けは必要ですが、盲点になっているなら抑えてもいい一頭でしょう

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PAGE TOP ↑