【エリザベス女王杯 2018】予想オッズとレース展望

公開日: 

どうも、工藤新一です

先週はお疲れさまでした!

重賞6レースの予想はブログに上げていましたが、流石に全ての結果とレース回顧を記事にする時間がなかったので今回ばかりは割愛させてもらいます(汗)すみません!

良い予想も悪い予想もありましたが、個人的には買い方などは反省しなければいけないと思った土日でした!

その反省を踏まえてしっかりこの先の年末に向かって進もうと思っています

では早速ですが、今週開催されるのは「エリザベス女王杯(G1)」!

古い話になるかもしれませんが、未だに外国馬のスノーフェアリーの衝撃的な末脚やクィーンスプマンテとテイエムプリキュアによる逃走劇は記憶に残るレース

まずは、netkeibaによる予想オッズと人気上位馬についての見解です

エリザベス女王杯 2018 予想オッズ

モズカッチャン   2.6
ノームコア     3.6
リスグラシュー   4.3
カンタービレ    7.0
レッドジェノヴァ  7.1
フロンテアクイーン 23.6
スマートレイアー  30.0
クロコスミア    31.3
コルコバード    37.4
ミスパンテール   51.5
アドマイヤリード  85.2
レイホーロマンス  219.9

モズカッチャン

去年の同レース勝ち馬ですが、去年はポジション取りも完璧で前残りの展開もハマってのもの

とは言え前走の札幌記念は海外帰りにも関わらずサングレーザーの3着は上出来ともいえる結果

重馬場で行われた今年の京都記念も上に居たのは重馬場巧者のクリンチャー、皐月賞馬アルアイン、ダービー馬のレイデオロとかなりのハイレベル

G1男にしては不調が続いていますが、そろそろミルコの順番が来てもいいのでは?ただ、この手の馬が1番人気なら取り扱いに悩みそうな一頭

ノームコア

ハービンジャー産駒でこの舞台は絶好。これまで馬券外を外したことのない馬ですし、早めに前に付けれる脚質は魅力

鞍上もその手の馬に乗らせたら超上手く乗るルメールですし、神ってる男なら5週連続のG1制覇の可能性もあるかもしれません

ただ本来ならクラシックにすら出てない3歳馬がここまで人気になるのはルメールによる過剰人気だと判断したいところ。タイムも素晴らしかった紫苑ステークス(G3)の勝ちっぷりや成長力は買いたいが、妙味は低いと思う印象

リスグラシュー

前走は勝った馬が強かっただけで、現役牝馬の中では屈指の安定感を誇る馬

去年は8着でしたが、スタートで躓いて流れに乗れなかった印象で尚且つ前残りの展開もハマらなかったというレースで距離だけの問題じゃない気もしています。上り3ハロンのタイムは鬼脚を繰り出したミッキークイーンと並ぶ最速でしたしね。ポジション取りが大事になってくるレースに鞍上・モレイラなら今年は問題と思う

G2に格上げされてからは府中牝馬ステークス→エリザベス女王杯のローテーションは好相性で距離さえ持てばここでも上位には来れるでしょう

カンタービレ

唯一の前走秋華賞からのローテで挑んできたのがこの馬。そして唯一のディープインパクト産駒

何だかんだでコースでの実績はハービンジャー産駒よりも上に居るのがディープインパクト産駒ですし、何だかんだで今回人気のノームコアにはフラワーカップで先着してるのも事実

今回は鞍上にクリスチャン・デムーロですが、ルメールがこっちを選んでいたら人気はどう転んでいたかわからない事を考えれば妙味はあるとも言える一頭でしょう

前走は後方からの競馬になりましたが、本来は先行するタイプでポジション取りさえ上手くいけば上位には来れそうな印象

と、今回もザックリと人気上位4頭について書きましたが、ミルコ、ルメール、モレイラ、クリスチャンが人気を占めるまさに外人祭りな一戦!

そんな中でも現在、穴馬として狙いたいのがコチラ↓

人気ブログランキングへ

戦歴は全くもってスキのないタイプで、3連勝でオープン入りを果たした力は本物

人気的には盲点になっていますが、人気馬の間に入れる可能性は秘めている力はあると思っています

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PAGE TOP ↑