【JBCクラシック 2018】最終予想 安定感を信じて中央開催でもアノ馬が本命!

公開日: 

どうも、工藤新一です

JBCクラシックと言えば過去にはヴァーミリアンの3連覇、スマートファルコン、コパノリッキーの連覇などリピーターが多いレース

去年の勝ち馬はサウンドトゥルーではありますが、今年は初の中央開催となるので例年とはやや違ったレースになりそうな一戦

とりあえず、予想です!

JBCクラシック 予想 2018

◎ケイティブレイブ
○アポロケンタッキー
▲サウンドトゥルー
☆オールブラッシュ
△センチュリオン
△サンライズソア
△テイエムジンソク
△オメガパフューム

◎ケイティブレイブ

この一戦に向けて全てが順調に来ているという感じの一頭

2走前の帝王賞はゴールドドリームに屈しましたが、相手が強かっただけで…久々の京都でも今の充実度を考えれば上位

大崩れが全くないタイプで掲示板を外したのは得意条件ではなかった1600mの2018年、2017年のフェブラリーS(G1)ぐらいで、スピード決着になれば微妙かもしれませんが…今回はペース的にそこまで上がらなそう

前の馬を可愛がりながら、先行して抜け出せる屈指の安定感を持ってすればここでも当然馬券内でしょう

鞍上・福永もやたらに自信を持っているような発言をしていますし、5歳にして完成の域に達している同馬から行きたいと思います

○アポロケンタッキー

中央ダートの実績と鞍上・ミルコという事を考えてもここは上位に取りたい一頭

前走はケイティブレイブの2着ですし、スピードよりはパワータイプなので、ケイティブレイブが上位に来る展開を予想するならこちらもセットで考えておきたい一頭です

▲サウンドトゥルー

3番手は迷いましたが、本命・対抗と同じローテーションの前走日本テレビ盃のこの馬

8歳ながらも安定した末脚で衰えは感じられないですし、大井開催だった去年のこのレースも勝っていながらもオッズ的にはやや舐められた印象

ペースはそこまで流れなそうですが、先行勢が全て残るという展開も考えにくいので最後に突っ込んでくるならこの馬かなと思います

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PAGE TOP ↑