【JBCスプリント 2018】最終予想 超ハイペースまであり得そうな一戦!

公開日: 

どうも、工藤新一です

今週は初の中央開催となったJBCシリーズ!まずは一発目の「JBCスプリントの予想記事から!

展開を考えた時にハナを切るのはマテラスカイかネロ。まぁネロは番手で良さそうではありますが、マテラスカイと競るような事があれば超がつくほどのハイペースが予想されそうな一戦

コース的には逃げ・先行が有利ではありますが、ある程度早めに流れるなら馬券内に一頭ぐらいは差し馬にも出番はあっていいでしょう

そんな事を考えながらの予想です!

JBCスプリント 2018 予想

◎モーニン
○マテラスカイ
▲キングズガード
☆ネロ
△テーオーヘリオス
△レッツゴードンキ
△ウインムート
△グレイスフルリープ

◎モーニン

前走の韓国の勝利はともかく、3走前のコーラルステークスは抜けたトップハンデの58.5キロを背負っての勝利は格の違いを見せつけた印象

ある程度流れる展開になったとしても2016年のフェブラリーステークス(G1)はレコードで制していたようにスピード決着は問題なし

今回は鞍上にちゃんと追ってくれるクリスチャン・デムーロを要して万全を期した印象で、ここはマテラスカイを差し切る場面までありえると思います

○マテラスカイ

勝つ為の条件的には全てが揃ったのがこの馬

まぁ前走は叩きの一戦に加えて落鉄の影響もあった一戦。が故に前走負けても今回は1番人気ですし、すんなり逃げ差したら普通に逃げ切りそう

スピード決着は望むところと言う馬ですし、武豊を相手に競ってくるジョッキーが居ないというのが現在の競馬界。戸崎鞍上のネロも番手追走しそうな事を考えれば…まぁ大丈夫かな

▲キングズガード

前走の室町ステークスは今回と同じ京都ダート1200mでトップハンデ58キロ+落鉄で0.4差の4着

展開的には明らかに差しに向きそうな事を考えれば確実に末脚を使ってくるこの馬も上位には推したいところ

☆ネロ

最内枠は絶好枠とも考えられますが、ややギャンブル性の高い枠になった印象

被されることなく先行出来れば、持ち前の粘りを発揮できそうですし、ハナを切ることが出来れば普通に面白い一頭

今回はマテラスカイからの番手追走にはなりそうですが、前走の東京盃でもそうでしたが、展開一つで上位に来れる可能性はあるでしょう

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PAGE TOP ↑