【菊花賞 2018】予想オッズとレース展望 先週の結果も!

公開日: 

どうも、工藤新一です

まずは先週の重賞の予想結果からサクッと↓

【府中牝馬ステークス 2018】結果

1着 △ ディアドラ
2着 ◎ リスグラシュー
3着 ▲ フロンテアクイーン

堅い決着になったので、流石にここはトリガミ…

null

本命に推した◎リスグラシューが頭なら3連単あったのですが、ここは仕方ないレース結果

◎リスグラシューはそれなりに自信があったので頭で来るとは思っていましたが、勝ったディアドラが強かったですね。やはり最強世代でのワンツー決着

フロンテアクイーンは斤量的に有利と思っていましたが、やはり相手なりに崩れない堅実さは魅力でしたね。次も狙いたい一頭

逃げた対抗のカワキタエンカもそれなりの見せ場をつくりましたが、東京コースでは流石に差し負けた印象。まぁもう少し直線の短い1800mなら見直せるでしょう

【秋華賞 2018】結果

1着 ○ アーモンドアイ
2着 △ ミッキーチャーム
3着 △ カンタービレ

◎プリモシーンはアーモンドアイに次ぐ上りタイム2位(33.8)を繰り出すも流石にあそこからでは届かないでしょう…

正直、末脚はアーモンドアイと0.2秒差しか変わっていなかったですし、騎手さえ変われば2、3着の可能性はあったと思う。まぁそこは北村宏司と分かっていて本命にしたので言い訳はしませんが、悔やまれるレースでした

まぁ何度やってもアーモンドアイが勝っていたというぐらいの完勝でしたが、やはり力が違いましたね

出来も80%ぐらいだったと思いますし、秋華賞を叩いて向かうのはジャパンカップ(G1)

ジャパンカップに関しては斤量面で超有利ですし、通用するのは間違いないはず。あとはオッズがどうなるか気になるところです

2着に来たミッキーチャームは川田が渾身の先行策で粘りましたが、古馬混合1000万下を勝ったばかりでも馬でも通用してしまったのは、やはり2着以下が混戦だった証拠。中内田厩舎×鞍上・川田の組み合わせは今後も要注意ですね

という訳で、牝馬クラシックはアーモンドアイが圧倒的に主役にて終了

今週の菊花賞(G1)はどうなるか!!

皐月賞もダービーも波乱の決着だった牡馬クラシック!注目の最後の1冠です!

まずはnetkeibaによる予想オッズと人気上位馬についての見解です

菊花賞 2018 予想オッズ

エタリオウ     3.0
ブラストワンピース 3.7
エポカドーロ    3.9
ジェネラーレウーノ 7.1
メイショウテッコン 12.3
グレイル      16.6
フィエールマン   22.6
グロンディオーズ  25.6
アフリカンゴールド 32.0
ユーキャンスマイル 43.7
ステイフーリッシュ 46.7
グローリーヴェイズ 80.6
オウケンムーン   82.5
コズミックフォース 96.6
タイムフライヤー  146.2

エタリオウ

ダービー4着、神戸新聞杯2着

神戸新聞杯の予想の際にも書きましたが、ダービーでは前に居た馬が比較的有利になった展開の中で後方から差し込んでの4着はかなり強い内容

ただメイチに作ったのはここの出走を決める前走でしょうし、ここは余力が残っているのかといわれると不安もある

鞍上はミルコ・デムーロに加えて長距離でのステイゴールド産駒なら人気も納得ですが、1番人気に推されるほどなのかなとは個人的に思っています

ブラストワンピース

中距離では怪物クラスの能力を持っていそうなのがこの馬

前走の新潟記念は異例のローテーションで古馬を圧倒しましたが、やはりコーナリングが不安要素。実際に毎日杯の時から池添はコーナリングが少しぎこちないと漏らしていました

中距離ではかなり強い馬ですが、6つのコーナーを回る京都の3000mに加えてスタミナ勝負に対応できるのかがポイントでしょう

エポカドーロ

この馬が1番人気かなと思っていましたが、思ったよりも人気してない印象

誰がどう見ても前走の神戸新聞杯での敗因はスタート時の出負けによるものですし、世代上位の能力は示したという印象

皐月賞1着、ダービー2着という成績だけを見てもここでは当然上位に来れる力はありますし、持ち前の先行力を駆使出来れば結果はついてきそうな気はしています

ジェネラーレウーノ

心肺能力の高さは世代では上位

中山巧者っぽさがありますが、先行してからは後方からの馬を封じ込めるタフさはまさにステイヤーという感じで、この舞台は合いそうな気はしています

この人気のままなら普通に妙味もありますし、現時点では上位に推したいと考えている一頭です

メイショウテッコン

前走の神戸新聞杯はハナを切っての3着

上に居たのはワグネリアン、エタリオウでしたが…自分の競馬に徹した結果逃げ残ったレースでしたし展開には恵まれた印象

今回は強い同型の馬も多いですし、展開的には前走よりは厳しい競馬になりそうな気はしています

グレイル

前走のセントライト記念では後方から差し込んで来ての3着

あのレースを見る限りではまだまだやれそうな印象。むしろこのぐらいの人気でG1での岩田なら強気な競馬をしてきそう

とにかく評価したいのは皐月賞。上がり最速タイの6着でしたが、距離が伸びると更に良い脚を使ってきそうなレースでしたし、個人的にはダービーでも本命にしましたが、前に居た馬が有利になった展開でしたし、左回りも合わなかった可能性もあります。そう考えれば今回は右回りに変わるのはプラスになりそう

フィエールマン

前走のラジオNIKKEI賞は1番人気で2着

最後に追い込んで来た末脚はまさにディープインパクト産駒という切れ味があり圧巻

今回は鞍上・ルメールですし、騎手の手腕も問われる長距離レースなら通用する可能性はありそう

と、メンバー的にはかなり混戦模様の印象を受けた今年の菊花賞

波乱の可能性も十分にあると思っています

個人的には現時点で買いたいと思える穴馬はコチラ↓

人気ブログランキングへ

古馬混合1000万下を勝ち上がってきてのここ出走は、先週の秋華賞で2着に来たミッキーチャームと同じ雰囲気

血統的にもここはステイヤーの可能性を秘めていて、穴としては抑えておきたい一頭

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PAGE TOP ↑