【秋華賞 2018】最終予想 アーモンドアイに迫る末脚を持つアノ馬が本命!

公開日: 

どうも、工藤新一です

いよいよ今週の日曜は秋華賞(G1)

まぁアーモンドアイ1強のオッズになっていますが・・・

単勝1.2倍
複勝1.1倍

仮に絶対に来ると思っている馬でも、この圧倒的支持率の単勝や複勝を買う事に妙味はないですよね。それに競馬に絶対はありません

プラスにするには馬券的な妙味をどこまで終えるのかがポイント!という訳で、そんな事も踏まえつつの予想です!

秋華賞 2018 予想

◎プリモシーン
○アーモンドアイ
▲パイオニアバイオ
☆ランドネ
△ミッキーチャーム
△ラッキーライラック
△サラキア
△ダンサール
△オールフォーラヴ
△カンタービレ
△ゴージャスランチ
△ラテュロス

◎プリモシーン

色々迷いましたが、最後にアーモンドアイに迫れる末脚を秘めているのがこの馬でしょう

前走の関屋記念は斤量51キロと恵まれましたが、古馬を撃破した力は評価したいですし、タイムも1.31.6は優秀。夏を超えて一気に力を付けてるならここでも十分上位に来てもいいはず

マイルしか使われておらず距離延長になりますが、この時期の牝馬は能力だけで距離をこなしてしまうので、問題はないでしょう

まぁ一頭強い馬が居ますので、自信の本命とまでは言えないですが、レースレベル的にもオークス・桜花賞1~3着馬が不在だったローズステークス組よりは別路線組から買いたい一戦です

馬券的にはアーモンドアイを差し切る可能性も数%ぐらいはあると予想して頭からもちょっとだけ買いたいです

○アーモンドアイ

現2冠馬は素直に信頼

と言うか、四角が無さすぎる…

京都内回り2000m+オークスからのぶっつけ本番と不安要素はありますが、とにかく勢力図の変わっていない3歳牝馬路線を考えた時に逆転候補とも言える馬たち(リリーノーブル、サトノワルキューレ、ノームコア、マウレア)達が軒並み回避した事で、尚更ここは負けられない一戦でしょう

オークスの時も本命にしましたが、あの見せたパフォーマンスも圧巻でタイムもジェンティルドンナが記録した2.23.6のレコードに0.2秒差ですし、歴史的な名馬になる可能性は高いと思っています

デビューから上がり3ハロンは全て最速で、差しの決まる秋華賞の舞台は普通に勝ち負け

ただ!単勝は1.1倍に迫る勢いなので妙味は一切ありません。さすがに前走のオークスの単勝1.7倍までが頭で買えるボーダーラインでしょう

今年の秋華賞自体、妙味的には手を出したくないレースというのが本音。そのぐらい、この馬が1強だとは思うんですけどね

▲パイオニアバイオ

前走の紫苑ステークスで見せた最後の末脚は光るものがあり、更にはその時の紫苑ステークス1、2着のノームコアとマウレアが回避したことを考えてもここはチャンス到来

母のアニメイトバイオは2010年の秋華賞で三冠を決めたアパパネの2着に来ていますし、血統的な魅力も十分

13番人気で2着に来たフローラステークスは上に居たのはサトノワルキューレで下には3着ノームコア、4着サラキアが居たことを考えても、ここでも十分馬券内の可能性はある

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PAGE TOP ↑