【産経賞オールカマー 2018】最終予想

公開日: 

どうも、工藤新一です

これと言って大荒れの少ない「産経賞オールカマー(G2)」ではありますが、その理由としては中山巧者の実力馬が普通に好走するレースというのが大きな特徴

過去の好走馬はゴールドアクター、ヌーヴォレコルト、ヴェルデグリーン、ナカヤマナイトとここ以外でも中山重賞を勝ち切る中山巧者ばかり

適性を考えた上で、予想したい一戦です!

産経賞オールカマー 2018 予想

◎アルアイン
○ガンコ
▲ブラックバゴ
☆ミライヘノツバサ
△レイデオロ
△エアアンセム
△ダンビュライト
△マイネルミラノ
△ショウナンバッハ

◎アルアイン

色々迷いましたが、この人気なら推したい本命馬

レコードで制した皐月賞で見せた抜群のスピードと中山適正は本物で、その後の今回と同じ中山2200mのセントライト記念でもスローペースながらも前につけて2着と最強世代の中でも屈指の中山巧者

G1の大阪杯でも好メンバー相手に3着と安定感は健在で、海外帰りでも素直に信用したい一頭です

○ガンコ

勝った日経賞(G2)はそれなりにハイレベルで、先行して持続力を問われるレースになればこの馬も出番があってもいいでしょう

隠れた実力馬という感じですが、ここでは能力的に通用してもOKな一頭

▲ブラックバゴ

人気的には盲点になっていますが、こちらも中山巧者

状態は去年以上というデキであり、今後は有馬記念を見据えているということならここでの賞金加算は必要不可欠

最後に末脚を伸ばしてきそうな事を考えれば食い込む可能性は十分にあるでしょう

☆ミライヘノツバサ

中山芝コースは(4.2.2.1)と超好相性でまさに中山の鬼

ドリームジャーニー産駒は中山2200mでは好成績ですし、先行したら最後まで粘れる持続力は魅力

今回は長期休み明けで陣営も7割の出来宣言と超弱気なので、まぁ強くは推せませんが、適正+前で競馬が出来る強みを評価したい

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PAGE TOP ↑