【紫苑ステークス 2018】最終予想

公開日: 

どうも、工藤新一です

去年の勝ち馬ディアドラはそのまま秋華賞も勝利、2016年2着ヴィブロスも直行した秋華賞勝利とトライアルレースらしくそのままG1馬を輩出する傾向にある「紫苑ステークス(G3)」

ただ、今年の3歳牝馬世代は『アーモンドアイ1強』で以下に続くのはラッキーライラックやリリーノーブルと勢力図は揺るがない印象

正直、今年はここから秋華賞馬は生まれない気もするレースですしが…展開などを踏まえてしっかり考えたい一戦!

という訳で、予想です!

紫苑ステークス 2018 予想

◎ノームコア
○ハーレムライン
▲パイオニアバイオ
☆クイーングラス
△レッドベルローズ
△マウレア

◎ノームコア

デビューから2連勝して、その後のフラワーC、フローラSの重賞でも連続で3着

秋華賞出走を決める為にはここは3着以内は確実に取らないといけない状況で、同コース成績もずば抜けてるルメールを乗せてきた点はメイチ度も高いとも言えるでしょう

正直、もうちょい内枠が欲しかったですが…最後のクラシック出走を確実に決めたい今回は馬券内に来なければいけない立場

勝ち切れない可能性はあるかもしれませんが、軸には最適な一頭

○ハーレムライン

桜花賞は流石に相手が強かったですが、中山芝コースは(2.1.1.0)で距離延長は問題なさそう。巻き返すならまさにここといった感じ

先行出来る強みを開幕週で活かすことが出来れば、馬券内の可能性は十分にある一頭ですね

▲パイオニアバイオ

前走のオークスは上位が強かったですし、やや出負けしたのも良くなかったかなと思いました

秋華賞への賞金は足りそうですが、大崩れはしないタイプで混戦だからこそ買いたい一頭

血統的にも母アニメイトバイオは秋華賞2着の実力馬で、七夕賞でも3着に来ていた事を考えれば舞台は合う

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PAGE TOP ↑