【小倉記念 2018】最終予想 豪州の剛腕にも期待!

公開日: 

どうも、工藤新一です

今週のメインは小倉の名物重賞ともいえる「小倉記念(G3)」

秋に向けて、ここから始動する馬も多いと思いますが、その筆頭が現在1番人気のトリオンフ

宝塚記念を蹴ってまでここに標準を絞ってきましたが、ここは陣営的にも確実に取りに来たという印象を強く受けました

ただ、小倉記念は1番人気が2005年のメイショウカイドウ以降勝っていないのも事実

ここは、そんなトリオンフに抗ってみても面白いと思っています

という訳で、予想です!

小倉記念 2018 予想

◎ストロングタイタン
○ストーンウェア
▲マイネルサージュ
☆サトノクロニクル
△トリオンフ
△レイホーロマンス
△サンマルティン
△メドウラーク

◎ストロングタイタン

騎手で迷いましたが、人気を考えてもここは本命にすることにしました

馬自身は小倉巧者で、小倉の成績は(3.0.0.1)と優秀

鳴尾記念ではトリオンフを下していますし、3頭だしの池江厩舎の中ではこの馬に寄せる期待は大きいはず

展開的な面ではスローペースになると厳しいかもしれませんが、差しが決まるような展開になればインを突いて豪州の剛腕が炸裂するかもしれません

○ストーンウェア

前走2着だったメイステークスは勝ち馬がダイワキャグニー、3着サトノアーサーと相手も強かったが、その中で最後はしっかり伸びてきた末脚は重賞クラス

ここまで人気がないなら当然、買いでOKな一頭だと思います

重賞10場制覇がかかっている鞍上・蛯名にも期待したいところ

▲マイネルサージュ

初の小倉になりますが、七夕賞では安定感のある末脚で2着

展開一つでは普通に来そうですし、小倉芝でのハービンジャー産駒には警戒が必要

この手の差し馬に鞍上・和田というのも合いそうで、ちゃっかり3着に来てそうな馬という感じはします

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PAGE TOP ↑