【白河特別 2018】最終予想 波乱があっても驚けないハンデ戦!

公開日: 

どうも、工藤新一です

いかにも夏のローカルという感じのする今回のハンデ戦「白河特別(1000万下)」

良血馬のラストプリマドンナが人気をかぶりそうですが、ここは通過点なのか…?果たして!

という訳で、予想です!

白河特別 2018 予想

◎クラウンアゲン
○エルカミーノレアル
▲ジュンザワールド
☆リバティーホール
△ビリーバー
△カイザーメランジェ
△シンボリバーグ
△ラストプリマドンナ
△ムスコローソ
△ジョンブリアン

◎クラウンアゲン

福島巧者で、前走は人気薄ながらも0.3差の6着は上出来

引き続きハンデも52キロと手ごろで得意舞台に移った今回は上位に来ても驚けないでしょう

人気的にはラストプリマドンナがかなり被る形になりそうで、いかにも鞍上・丸田らしさにかけてみたいですし、ここは一発に期待したいです!

○エルカミーノレアル

この馬も福島コースでは安定感があり、前走からの舞台変わりんはプラス

福島に限れば(2.0.3.2)で、この斤量でも上位争いには来てもおかしくないでしょう

▲ジュンザワールド

前走は展開的に外を回されて不利だった印象

好走歴のある福島コースに変わって巻き返すなら今回でしょう

ダートを走っていたぐらいで力の居る舞台は得意そうですし、斤量も3キロ減の54キロは恵まれた感がある

☆リバティーホール

去年の同レースでは11番人気2着と穴を空けましたが、今年も同斤量なら一発があっても不思議ではない

近走の成績からは買えないが、この手の馬を抑える必要があるのが夏競馬でしょう

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PAGE TOP ↑