【CBC賞 2018】予想オッズとレース展望 アサクサゲンキはデータ的には絶望?

公開日: 

どうも、工藤新一です

皆さん、サッカーワールドカップのセネガル戦見ていましたか?

自分はもちろんリアルタイムで見ていたんですけど…一進一退の試合展開で超面白かったですよね

そこで思ったんです…

『スポーツの力は偉大』だと!

と言うのも、サッカーを見ながら数名の女子とLINEでやり取りしていたんですけど・・・

「本田キターーー!」

「点取ったーーー!!」

「点取られた…(涙)」

「西野監督イケメン!7番の選手(柴崎)イケメン!」

「シセ監督の方がイケメン」

などなど・・・

色々リアルタイムでやり取りしているうちに、LINEのやり取りだけで一体感とかが生まれて…一気に距離縮まった感じがしたんですよね

本当にスポーツの人を吸い込む力ってすごいんだと改めて痛感しました…

競馬だって同じことが言えると思います

やはり色んな人と生で情報を共有することも、楽しみ方の一つなんじゃないでしょうか!

なので、一人でも多くのUMAJO(ウマジョ)を増やすために・・・

・・・

JRAさんマジで頑張ってください!

まぁ男同士で競馬の話するだけでも楽しいんですけどね(笑)

と、余談はさておき今週の日曜メイン「CBC賞(G3)」の予想オッズから見ていきましょう

netkeibaによる予想オッズと人気上位馬についての見解です

CBC賞 2018 予想オッズ

ダイメイフジ    2.8
アサクサゲンキ   4.4
ワンスインナムーン 6.0
セカンドテーブル  6.3
ペイシャフェリシタ 6.7
アクティブミノル  14.0
ダイメイプリンセス 21.2
スノードラゴン   25.7
フミノムーン    29.8
アレスバローズ   32.2
ナガラフラワー   38.7
トウショウピスト  74.5

ダイメイフジ

前走の安土城ステークスでは後のG1馬モズアスコットに先着

1200mに限れば(2.2.1.0)とパーフェクト

それに加えて鞍上にミルコ・デムーロとなれば納得の1番人気でしょう

あとは陣営が不安視している夏に弱い点がどうなるか

陣営的にはここで賞金加算させて秋まで休養させたいはずなので、勝った鞍上・酒井に代えてミルコを起用したことでメイチ度は高そうな気はしています

アサクサゲンキ

前走は出遅れて本来の競馬が出来なかったので参考外でOKでしょう

ただ、相手レベルを考えても一気にあがる今回は人気なら嫌ってもいいのかなぁという印象

そして斤量的には不安なデータなのがコチラ↓

null

さらに年齢的に不安なデータがコチラ↓

null

斤量53キロで3歳馬の同馬はバッサリ切ってもいいような気はしています

まぁ「データが全てではない!」というのは百も承知ですが、今年の3歳のレベルもそこまで高いとは思えないですしね(笑)

ワンスインナムーン

前走函館からという異例のローテーションで挑んで来ましたが、能力的には十分に足りているでしょう
陣営的には自信があるのか、何としても賞金加算をしたいのか…疑問なところ

まぁ普通に仕上がっていれば持ち前の先行力で突き抜けても驚けないでしょう

と、人気上位はそれなりに不安要素も抱えているのは事実

となると穴馬に出番があってもいいと思いますが、注目しているのはこの馬↓

人気ブログランキングへ

前走の勝ち方も良く、引き続きこの鞍上なら魅力は十分でしょう

強敵はミルコのダイメイフジだけなのかぁって気はしています

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PAGE TOP ↑