【宝塚記念 2018】最終予想 激戦必至!!!

公開日: 

どうも、工藤新一です

いよいよ上半期の総決算グランプリ「宝塚記念(G1)」

ファン投票人気上位はほとんど離脱したので、何とも言えないグランプリになりましたが…混戦が故に波乱もあるかもしれませんね!

そしてカギを握るのが天候ですが、土曜から降り続けている雨を考えれば日曜は降らなかったとしても良馬場までの回復はしないでしょう

やや重~重と判断します

という訳で、予想です!

宝塚記念 2018 予想

◎キセキ
○ゼーヴィント
▲ミッキーロケット
☆ステファノス
△サトノダイヤモンド
△タツゴウゲキ
△ワーザー
△パフォーマプロミス
△ヴィブロス
△サトノクラウン
△スマートレイアー
△ダンビュライト
△ストロングタイタン

◎キセキ

外枠は正直、かかり癖のあるこの馬にとってプラスに働きそう

低レベルと言われていた菊花賞ですが、何だかんだで4歳世代はハイレベルですし、負かしたクリンチャーは天皇賞・春3着、ポポカテペトルも調子を上げつつ目黒記念4着

天候も味方したのか勝った菊花賞並みに渋る馬場ならこの馬にとっては確実に有利に働くでしょう。あとは気性面だけですが…勝つ可能性は十分にあると思っています

G1でこそ買いたい鞍上ミルコ・デムーロ×角居厩舎というのも魅力の一つ

余談ではありますが・・・

ミルコ・デムーロはACミランのファンで大のサッカー好き。あのザッケローニ監督とも友達だそうです。

そんな彼の母国イタリアは今回のW杯というお祭りには参加すらできませんでした。ミルコもイタリアのW杯不出場でさぞかし悔しかったことでしょう。

世間がW杯で盛り上がっている今だからこそ…そのフラストレーションを武器に競馬のお祭りでは派手にぶちかましてほしいと思っています!!

○ゼーヴィント

対抗は悩みましたが、この馬

前走の目黒記念ではトップハンデでインで脚を使い切れない中で6着と健闘

いかにも非根幹向きで、2200mでは連帯を外していませんし、ここに来てオッズが下がるのであれば狙いたい一頭です

お祭りには強い鞍上・池添も魅力

G1は初挑戦になりますが、G1っぽさに欠ける今回のメンバーなら上位に来れると判断しました!

▲ミッキーロケット

4歳の時はハイレベル相手に善戦していますし、天皇賞・春4着はこの馬の覚醒を予感させる見所もありました

そもそも前走が天皇賞・春のローテーションは好相性

そして何よりもキングカメハメハ産駒という事を考えても、この時期から一気に強くなっても驚けないでしょう

☆ステファノス

良馬場だったら本命まで考えましたが、さすがにここまで雨が降ってしまったら…勝ち切るのは困難かな

ただ…妙味に関しては人気の盲点ともいえるオッズですし、内枠の鞍上・岩田なら狙うのもありでしょう

以下の印ですが、正直何が来ても驚けないので手広くいきたいと思います

一応、タツゴウゲキは前走叩かれて調子が上がってるなら抑えておきたい穴馬。サマーシリーズよりもここを取りに来たのかはわかりませんが今回のメンバーなら…と思わせる一頭です

そして本来なら消しでOKだと思われる外国馬ワーザーですが、能力は高いので雨で馬場が渋れば可能性があるのと日本の競馬を知っている鞍上・ボウマンな事を考えれば無視は出来ないところ

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PAGE TOP ↑