【京王杯スプリングカップ 2018】最終予想 人気馬には付け入る隙あり!

公開日: 

どうも、工藤新一です

この時期から五月病になる人が多いって言いますけど…精神的な弱さがあるから心の病になってしまうと思うんです

競馬でも大事なのはブレない精神です

己を貫いた先に一撃回収は待っています

今週の土曜もブレずにいきたいと思いますので、早速メインの予想に参ります!

京王杯スプリングカップ 2018 予想

◎ビップライブリー
○サトノアレス
▲セイウンコウセイ
☆グレーターロンドン
△フィアーノロマーノ
△ダンスディレクター
△ダイメイフジ
△キャンベルジュニア
△ウインガニオン
△ムーンクエイク

◎ビップライブリー

個人的には結構追いかけている一頭で今回もそこまで人気ないなら当然狙います

ベスト距離は1400mですし、これまではイスラボニータが勝った阪神カップやサングレーザーが勝ったスワンステークスなど…ハイレベルと善戦してきたところも評価したいです

この200mの距離延長はプラスでこのメンバーなら馬券内はあってもいいでしょう

展開的にも人気馬が後方からになる事を考えれば先行抜け出しを図れば残るのはこの馬でしょう

○サトノアレス

前走・東京新聞杯からここへ参戦してきたローテーションは過去10年で(1.3.0.0)と好相性

このローテーションから好走した4頭は東京新聞杯でも馬券に絡んでいたことを考えれば特注ローテーションとも言えるでしょう

初の1400mに加えて人気馬で追い込み脚質という事で嫌われてしまいそうですが、この馬自身は東京での安定感は抜けていますし…このレースは追い込みが決まりやすい傾向なので問題はないと予想しました

最内枠で揉まれずに馬群を捌いてこれるかという不安があり…届かない可能性はあるかもしれませんが、確実に伸びてはくるでしょう

▲セイウンコウセイ

高松宮記念からのローテーションは(4.1.3.23)で複勝率25.8%はそこそこな数字

この馬自身もG1馬で能力は高いですし、シルクロードステークス2着→高松宮記念6着というのはそれなりに復活してきている証拠

ここ最近は好調キープしている鞍上・三浦というのも好材料

☆グレーターロンドン

本来の力を出し切れば一番強いのはこの馬

背水の陣で挑んだ前走のダービー卿チャレンジトロフィーは内の進路を選択したことで自慢の末脚を炸裂できずに終わりましたが…内容的には伸びないインをチョイスした鞍上・田辺のミスなのは明らかで仕方ないと思えるレース

最大目標は安田記念のはずですが、今度こそここで賞金を加算しないと出走すらできないのでメイチ度は高いでしょう

ただ、妙味的にはまだ人気してしまっている点からしても期待値は低いので勝負するなら次の安田記念かなぁと思っています

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PAGE TOP ↑