【青葉賞 2018】予想オッズとレース展望 激戦必至!

公開日: 

どうも、工藤新一です

ジンクスという言葉がありますが、今週の土曜メインの「青葉賞(G2)」でよく言われれるのが

『青葉賞馬はダービーを勝てない』

という有名なジンクスですよね

実際に重賞になった1994年以降はここをステップにダービーに出走した馬が70頭いましたが、全て2着以下

本番と同じコースで行われていて過去の優勝馬は

一昔前ならシンボリクリスエス、ゼンノロブロイ、アドマイヤメインが本番では2着

その後もウインバリアシオン、フェノーメノなどが本番では2着という、まさにダービー2着馬重賞

そうそうたる顔ぶれが揃っていますが、この馬たちのせいでジンクスとまで言われてしまっている感が否めず…ジンクスなんていうのは若干オカルトっぽさもあります

まぁ実際にはローテーション的には相性こそ悪くないんですけど

ダービーを勝てない理由の一つに挙げられるのは「何としてもダービー出走の権利をもぎ取ろうして、青葉賞をメイチに持っていって、本番では一歩及ばないというパターン」

実際に今年もここメイチに作ってきそうな馬が多いので、例年通りこの中からダービー馬は厳しいかなとも思っています

とは言え本番で2~3着の可能性なら十分にありますので、今年はどんな青葉賞馬が生まれるのか…注目の一戦です

まずは、netkeibaによる予想オッズと人気上位馬についての見解です

青葉賞 2018 予想オッズ

オブセッション   2.9
サトノソルタス   3.6
スーパーフェザー  4.3
ダノンマジェスティ 4.8
エタリオウ     14.5
ディープインラヴ  17.8
ゴーフォザサミット 20.7
シルヴァンシャー  33.2
ダブルフラット   49.5
ノストラダムス   49.8

オブセッション

前走の弥生賞はともかく2走前のシクラメン賞では大外一気から33.5秒で4馬身差の圧勝は大物感漂う内容だったと思います

府中の2400mで行われる青葉賞はとにかく上がり最速の末脚を繰り出した馬が勝つレース

そして何よりも藤沢の中でもメイチ度の高い時に必ず乗ってくるルメールともなれば、ダービー出走に向けてここは落とせない一戦

ルメールもステルヴィオとこの馬を天秤にかけてるどころか、この馬の方がダービーにおいては能力的に上に取ってる可能性は高く、恐らくここの結果次第ではステルヴィオを捨ててまでもこの馬を選ぶとも言われています

まだ幼い面はかなりありますが、力を出し切ることが出来れば今回のメンバーなら勝ち負けしても不思議ではないでしょう

サトノソルタス

新馬戦勝ち→共同通信杯2着

まぁムーアの好騎乗があってこそだったんですけど、2戦目であれは相当能力が高い証拠

このままいけば皐月賞か!と思わせておいてトライアルのスプリングステークスを回避

この回避に関しては、堀厩舎のルークスとの使い分けでの回避を選択した感じが否めないので…ちょっとローテーション的には微妙な印象は受けます

鞍上にもミルコを要して万全を期していますが…やはりサトノ×ミルコで人気が先行してしまうことを考えれば期待値は低くなりそう

スーパーフェザー

ローテーションだけで言ったらここ3年で超好相性のアザレア賞1着馬

レーヴミストラル、ヴァンキッシュラン、アドミラブル…と3年連続でアザレア賞1着馬は青葉賞も制している点からしてもデータ面では強調したい一頭

瞬発力の高さはこの舞台で噛み合いそうなので、最後は上り勝負になるんだとしたらオブセッションやダノンマジェスティと共に駆けあがって来そうな印象は受けます
と、人気上位3頭はいずれもディープインパクト産駒で…完全に激戦必至ですね

去年の「アドミラブルが勝って当たり前」みたいな空気ではないですし、穴馬の出番があっても良さそうな気はしています

現時点でヒモで抑えたいのはコチラ↓

人気ブログランキングへ

前走もヒモで抑えましたが、相手なりに走るタイプでこの手の盲点馬の激走あるかもです

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PAGE TOP ↑