【桜花賞 2018】最終予想 ラッキー内枠で波乱もあるか!本命は本気度の高いアノ馬!

公開日: 

どうも、工藤新一です

いよいよクラシック一発目の桜花賞

本来ならもっと人気になってもおかしくないはずのラッキーライラックですが、やはり内枠が嫌われてしまったのか前日夜の時点では単勝2.2倍

これが外人ジョッキーで外枠だったら単勝1.2倍ぐらいになってたと思いますが、やはりオッズというのはデータ分析の結果や大衆心理が大きく影響するものだと改めて実感しました

ただ実際に内枠になったことで馬群に揉まれて進路が塞がる可能性もありますし、大舞台での1番人気で鞍上・石橋というのも不安要素ではあります

実際にグリグリの人気馬が飛んでいるのが桜花賞ですからね

魔物が潜んでいるのかと思います…

そんな訳で、今回は絶対的な女王のラッキーライラックの逆転候補も何頭かいると思いますし、当然波乱も込みで予想しました!

桜花賞 2018 予想

◎マウレア
○リリーノーブル
▲フィニフティ
☆レッドサクヤ
△コーディエライト
△アーモンドアイ
△ラッキーライラック
△プリモシーン
△レッドレグナント
△アンコールプリュ
△トーセンブレス

◎マウレア

外枠・血統・栗東滞在・陣営のここに賭ける想いを含めて勝つための全ての条件は揃った印象

何としても桜花賞出走を決めるべく強行ローテーションで挑んだチューリップ賞では2着

その事からも伺えるのは桜花賞に賭ける陣営の意気込みです

クラシックなので全頭がそうなのかもしれませんけど、桜花賞馬アユサンの全妹で適正面からもこの馬のクラシックの究極仕上げはここでしょう

個人的には同じく強行ローテーションを選び2着となった2010年のオウケンサクラ並みの強い想いを感じます

好走率の高い外枠を引いたことで2度負けているラッキーライラックの逆転も可能だと判断しました

○リリーノーブル

素直にチューリップ賞組からこの馬が対抗

前走はマウレアを抜かすことは出来なかったが、賞金的な事を踏まえても前走は叩き台

状態面に置いては前走よりは上向いてるのは明らかですし、枠もかなりいい所を引いたのかなと思います

鞍上・川田も早めに好位につけて押し切る勝ち方を狙ってくるでしょう

ダノンプレミアムが皐月賞回避となった鬱憤を晴らすならここでしょう

▲フィニフティ

ここはかなり一発のある枠を引いたかなと思います

キャリア2戦ですが厩舎の評価もかなり高い素質馬ですし、前走のクイーンカップは東京巧者のテトラドラクマに負けましたが、新馬戦→重賞での2着は優秀

この人気はかなり舐められてる印象で、波乱もありそうな今回は食い込んでくる可能性もありそうかな…

以下の印ですが、大穴になりますがエルフィンステークス勝ちのレッドサクヤは人気的にも舐められ過ぎですし、何だかんだこのレースでは好相性のディープインパクト産駒。一発があっても驚けない感じはしています

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PAGE TOP ↑