【阪神大賞典 2018】生粋のステイヤーを頭固定にして勝負

公開日: 

どうも、工藤新一です

桜の開花までもう少し・・・

春のG1に向けてここ辺りで一気に軍資金を稼ぎたいと思う今日この頃

日本一堅いと言われる重賞の「阪神大賞典(G2)」は買い方を工夫してしっかり仕留めたいです

という訳で予想です!

阪神大賞典 2018 予想

◎アルバート
○カレンミロティック
▲サトノクロニクル
☆クリンチャー
△ムイトオブリガード
△トミケンスラーヴァ
△ヤマカツライデン

◎アルバート

スタミナ勝負ならこの馬を頭固定にするのが一番良さそうだと判断しました

3000m以上の重賞だったら間違いなくトップクラスですし、天皇賞よりもこっちのほうが合いそう

ライアン・ムーアでしか勝ってないという点は若干引っかかるが、ここ最近の福永の騎乗っぷりを見てても問題はなさそう

○カレンミロティック

10歳という年齢で嫌われてしまいそうですが、今回のメンバーならここは十分通用してもおかしくない力はある

勝つまではいかないにしても2、3着は拾えても驚けないでしょう

▲サトノクロニクル

田んぼ状態の馬場だった菊花賞は仕方なかった感じで、ここの距離延長は血統的にも合いそう

セントライト記念に乗っていたミルコも「3000mは合う」と言っていたように、ここは狙いたい一頭

成長力のあるハーツクライ産駒なので、やや過剰人気気味なクリンチャーよりは妙味もあるでしょう

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PAGE TOP ↑