【阪神大賞典 2018】予想オッズとレース展望 今年はクリンチャーVSアルバート

公開日: 

どうも、工藤新一です

今週の阪神メインは「阪神大賞典(G2)」

1番人気が5年連続で1着の同レースで荒れにくい重賞となっており、天皇賞に向かう実力馬がしっかり力通りに走るレース

まぁここ5年のうちの3回がゴールドシップの連覇によるものなので

例年通りにいかない可能性もあるかもしれません

今年も堅いのか・・・

しっかり考察していきたいと思います

まずはnetkeibaによる予想オッズと人気上位馬についての見解です

阪神大賞典 2018 予想オッズ

クリンチャー    1.9
アルバート     3.3
レインボーライン  4.4
サトノクロニクル  5.6
カレンミロティック 26.7
ヤマカツライデン  42.6
ムイトオブリガード 59.6
トミケンスラーヴァ 70.6
シホウ       152.7
スーパーマックス  233.3

クリンチャー

菊花賞2着、京都記念1着の実力馬

阪神コースも長距離でも好走経験があるのでベストな舞台が揃ったと言えるでしょう

ただ、京都記念の時から陣営は「春の天皇賞を最大目標に置いている」と言っていたように最大のピークに仕上げるのはこの次でしょう

鞍上・武豊も天皇賞でも乗るようですし、無理に勝ちにいくような競馬はしないかもしれません

アルバート

3000m以上の重賞を4勝している現役屈指のステイヤー

天皇賞・春から逆算してのローテーションという感じですが、以外にも阪神大賞典への参戦は初

2年連続で出走していた有馬記念を使わずに天皇賞一本に絞った感じがしますが、今年はこのローテーションが本番にどう繋がっていくかも注目です

レインボーライン

この馬がここまで人気になるのも珍しいけど、長距離では菊花賞2着があるのに加えてステイゴールド産駒というのも軽視はできない

典型的な、穴でこそ!の馬な気もしますし

今回は他が微妙過ぎるので、やや過剰人気しちゃってる印象

現時点ではそこまで積極的には買おうと思えない一頭

と、人気上位3頭についてはこのような見解ですが

メンバーレベルが低い!

なので人気上位で固く決まりそう・・・

というのが現時点での予想です

クリンチャー、アルバートのワンツー決着が濃厚そうですが、割って入れる可能性があるならこの穴馬↓

人気ブログランキングへ

年齢で嫌われそうですが、戦ってきた相手レベルを考えてもここは通用してもおかしくないでしょう

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PAGE TOP ↑