【共同通信杯 2018】◎ゴーフォザサミット 今後の成長力にも期待!

公開日: 

どうも、工藤新一です

近年ではクラシックの登竜門として定着してきた「共同通信杯」

さりげなく(トキノミノル記念)って書いていますが、トキノミノルってどんな馬?

って思って調べたんですけど、生涯成績は10戦無敗で1951年の皐月賞・東京優駿(ダービー)を制し、17日後に破傷風で死亡した「幻の馬」だそうです

今後もこのぐらいのインパクトのある名馬に出会いたいものです

とにもかくにも!クラシックに向けて今年はどの馬が勝つのか注目の一戦!

という訳で予想です!

共同通信杯 2018 予想

◎ゴーフォザサミット
○ブラゾンダムール
▲カフジバンガード
☆オウケンムーン
△グレイル
△サトノソルタス
△アメリカンワールド
△ステイフーリッシュ
△コスモイグナーツ

◎ゴーフォザサミット

グレイルと同じハーツクライ産駒で、長くいい脚を使えるタイプ

前走の百日草特別を見てても前目に付けながらも上がりは最速を繰り出し好時計で勝利という結果は評価したいところですね

兄のショウナンマイティも1800mを得意としていましたし、この馬自身も2走前の中山1800mで勝利している点からも距離適性はOK

この時点で完成していれば、圧勝までありそうな一頭

○ブラゾンダムール

前走の大敗は左にモタれるという事で左回りが合わなかったのと、脚の使いどころも良くなかった印象

今回は乗り替わりでの横山に代わるが、スタートさえ決めれば前目につけるはず

東京コースの新馬戦で下した相手には後に重賞2着となるコズミックフォースも居ましたし、今回の相手レベルなら普通に通用しそうで、たった一戦でここまで人気を下げるならオッズ的にも妙味ありです

▲カフジバンガード

6戦して掲示板を外していない安定タイプ

重賞2レースは勝った馬がワグネリアン、アーモンドアイとかなりの高レベルだった印象

2勝している左回りコースに変わるのも良さそうで、ここは舞台的にはしれっと3着なんていうこともありそうかなと

今回は騎手で嫌われてしまっているのか、思ったよりも人気していない点も買い材料

以下の印ですが、能力は最上位でもグレイルは初の輸送・東京コースというのも不安な要素でもあり人気もグリグリになってしまっている事から抑えの評価でいきます

最強の鞍上ライアン・ムーア起用のサトノソルタスは新馬戦からの参戦でも堀厩舎なら勝算あっての出走でしょう。ただ過剰人気感が半端ないですが…まぁ抑えで

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PAGE TOP ↑