【京阪杯 2017】予想オッズとレース展望 波乱もあるぞ!

公開日: 

どうも、工藤新一です

秋競馬はやはりワクワクが止まりませんね!

今週開催のジャパンカップは国内最高峰のG1

個人的には東京競馬場まで足を運んで現地での観戦予定なので楽しみな一戦!

そしてそんなジャパンカップ当日に京都で開催される京阪杯(G3)ですが

今年のジャパンカップは現役最強馬のキタサンブラックが出走という事で

穴党の人は、ジャパンカップよりもこちらに注目してる人も多いのではないでしょうか

というのも過去10年で5回も高配当を生み出している波乱レース

3連単の配当は御覧の通り↓

2009年 66万9960円 (7番人気→3番人気→16番人気)

2010年 39万6490円 (2番人気→13番人気→5番人気)

2012年 79万2900円 (10番人気→1番人気→12番人気)

2013年 46万7650円 (7番人気→8番人気→10番人気)

2014年 202万9240円 (5番人気→11番人気→15番人気)

人気馬でもアッサリと飛ぶことが多く、難解なレースとなっています

特に今年は、スプリント路線の実力馬が近走調子も悪く見極めが難しくなっている印象で

思わぬ伏兵の一発もあっても良さそうな感じはしています

波乱必至の京阪杯のnetkeibaによる予想オッズと人気上位馬についての見解です

京阪杯 2017 予想オッズ

ソルヴェイグ    2.3
アットザシーサイド 5.3
セイウンコウセイ  6.2
メラグラーナ    8.2
ジューヌエコール  8.4
ヒルノデイバロー  10.9
フィドゥーシア   13.4
ナックビーナス   31.8
ビップライブリー  31.9
ネロ        44.3

ソルヴェイグ

前々走のキーンランドカップは負ければスプリンターズへの出走が賞金的に厳しかったので

一番のメイチだったとは思いますが、エポワスの末脚に屈して無念の2着

結果としてスプリンターズには出れなかったですが

次走の夕刊フジ杯オパールステークスでは鮮やかな逃げ切り勝ちで能力の高さを証明した

春に関してもここで賞金加算をしないと、この先が苦しくなるのでメイチ濃厚な感じはしています

逃げ・先行馬が有利と言われる京都1200mでは持ち前の先行力は活かされそうですし、連軸としては普通に人気馬の中では一番信頼できそうな一頭

アットザシーサイド

1200mは2戦2勝

1400m~1600mを中心に使われてきましたが、ここに来ての距離短縮は明らかにプラス

ですが、今回一気に相手が強くなりますし、いきなり重賞での好走は?という点では疑問符が残るところ

この人気になってしまうなら、様子見してもいいのかなぁと思える一頭

セイウンコウセイ

今年の高松宮記念の覇者

とにかくここ2走がパッとしないので、復活はまだ先だと思うんですよね~

ダートでも走っていたように重馬場巧者ですし、能力の高さはわかっていても今回は強調材料がないかなと思います

この人気ならバッサリいってもいいのかなと考えています

という訳で予想オッズでの人気上位についてはこんな感じですが、やはり荒れそうな匂いがプンプンしていますよね!

個人的にはこの予想オッズを見て「美味しいだろ、これ」と思えた馬が一頭いますので、その馬を人気ブログランキングにて公開します!↓

人気ブログランキングへ

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑