【競馬コラム】2018年から開始されるパチンコ規制による競馬界への影響は?

公開日: 

どうも、工藤新一です

今回は競馬とはちょっと違う話題なんですけど

競馬界にも影響があるのではないか?

とひそかに囁かれる2018年2月から施工されるパチンコ・スロット新規制についての話をします

まぁパチンコ・スロットに興味がないという方は全然スルーでも問題ないんですけど

同じギャンブルの話題という事で見て頂ければとも思っています

まず、この規制についてわかりやすく言うならば

政府「お客さんの儲けを減らして、のめりこむリスクをなくし、パチスロを健全な娯楽にしよう!」

という意向を元に国が政策として打ち出した

ギャンブル依存症減らそう大作戦

表向きはそう言われていますが

この規制が施工される大きな理由の要因のもう一つに挙げられるのが

2020年東京オリンピック

に向けたパチンコ店の削減とも言われています

まぁ世界中から沢山の人が来るのに、街はパチンコ屋だらけでギャンブル大国日本と思われるのは相当な負のイメージですからね・・・

それで、その規制の内容ですが

今現在はお客さんが4時間遊んで勝てる金額の上限が10数万円と設定されていますが

これからは

『4時間遊んで5万以上は勝てません』

というものに変わるという事です

具体的な数字で言うと↓

①パチンコ大当たり出玉最大2400玉→最大1500玉(封入式パチンコの導入によりパチンコにも6段階の設定を設ける可能性あり)

②スロット総払い戻し最大480枚→300枚以下(この規制が本当なら現役のジャグラーは全撤去の可能性あり)

になってしまう訳です

やってる人ならわかると思いますけど、これまでも

・店舗でのイベント規制

・4号機規制

・MAXタイプ禁止

など様々な規制が施工されては緩和を繰り返してきましたけど・・・

今回の規制はかなり強烈!

「こんな台誰が打つんだよ!」という台ばかりになってしまう可能性が非常に高いです

そしてネットなどではこの規制が施工された場合の

『競馬界への影響について』

null

ネットなどでは↓

・パチンコ依存者達がお店に行かなくなり、パチンコユーザー達が競馬に流れ始める?

・ギャンブルの規制という事で競馬も規制される?

などと囁かれています

ここから先は個人的な意見になりますが、まず結論から言うと




競馬界への影響は全くないと思います




まずパチンコ依存者達がお店に行かなくなり、競馬に流れ始めるという点ですが

これに関しては4号機→5号機へ変わる時にも言われていたことなんですけど・・・

いくら規制を抑えたところでメーカーの作った台の検定を通す側がパチンコ業界の身内(警察庁)なので

規制の網目をくぐった台が量産されるのは間違いなく、なんだかんだで今の台に近いギャンブル性の高い台は復活していくでしょう

その結果から実際はパチンコを辞めて競馬に流れるなんてことはなく、競馬人口はそこまで変わらず現状維持かなと

それに、パチンコ屋しか行く場所の知らない年金暮らしの老人達は論外だとしても

ヘビー~ライトユーザーを含めたパチンカス達はこの程度の規制で「パチンコ辞めるわ」ってことにはなりません(笑)

そして次にギャンブルの規制という事で競馬も規制されるという点ですが

これは『絶対にありえない』と思っています

そもそも競馬は国営で国が認めたギャンブルであり、

胴元は農林水産省が管轄しているJRA

民間企業(パチンコ店や機種メーカー)と警察庁のグレーゾーンで行われているパチンコ業界とは胴元のレベルがちょっと違うかなと

国はパチンコ業界をつぶそうとしても競馬業界だけは絶対に潰すことはないという事なんです

なので馬券への規制はかかりませんし

むしろ逆で個人的には競馬業界はもっともっと射幸心をあおる馬券を出す可能性が非常に高いと思っています

これまでの馬券の導入の流れを見ても明らかで↓

・2002年 馬単 発売

・2002年 3連複 発売

・2004年 3連単 発売

・2011年 win5 発売

さぁどうでしょうか?

この次はどんな高配当を期待させる馬券を発売するのか?と思ってしまうぐらいですよね?

もうこれ以上のネタないだろ!!!

って思うかもしれませんけど、アメリカの競馬場では

・SUPERFECTA(スーパーフェクタ) 

※1着→2着→3着→4着を当てる。日本で言うところの4連単

・PICK SIX(ピックシックス) 

※指定された6レースの1着を当てる。日本で言うところのwin6

という更に上位の馬券もあるみたいです(笑)

まだ記憶に新しいwin5が出た時の印象ですけど

JRAは「キャリーオーバー最大2億円!」とバンバンCM流していましたし、金額的な射幸心をあおりまくっていました

この流れからしても高配当の可能性が高くなる馬券をJRAが今後発売してくる可能性は高く

そう遠くない未来・・・

何年後かには

「キャリーオーバー最大6憶円!」

みたいな宝くじのような馬券が出てもおかしくないと思っています

どんな馬券を売り出したところで儲かるのはJRAだと決まっていますからね

まぁザックリと2018年から始まるパチンコ規制による競馬界との影響についてお話ししましたけど・・・

・・・

大事なのは時代の流れに沿った予想力をつけるという事だと思います

自分のプロフを見てもらえればわかると思いますけど、競馬で勝つために一番大事なのは血統やデータを調べる事でもなければ、調教を見ることでもなく、競馬に対する「考え方」です

勝つために必要なマインドを鍛えることこそが必勝法

馬券を買ってる人が「戦っている相手」は

馬でも騎手でもJRAでもなくて、馬券場にいる「隣のオッサン」という事を常に理解する事です

この「考え方」を大事にしてこれからの競馬と向き合っていきましょう!

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑